SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.03 定点観測

SNSごと最適な投稿が明確に
Instagramで顔出し動画のハードル下がる

 AppleのiOS11へのアップデートの影響が大きかったこの3ヵ月。プラットフォーマーは続々とライブコマースの機能を提供開始、コンテンツや広告のクリエイティブとして動画がメインストリームになりつつある。まだまだ、テクノロジーの進化によるECの変化は終わらない(※本記事は、2017年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.03』に掲載したものです)。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

Facebookはつながりをより深く
フィード二分化で個人アカウントの重要性増す

 Facebookについては、米国本社から発表されたミッションの刷新に注目。

 「これまでFacebookは、『世界をよりオープンでつながったものにする』というミッションのもと、ユーザーを増やすための施策を打ったり、未発達な国のネットインフラを整えたりと、人をつなげていくことに注力してきました。その結果、全世界のFacebook利用者は今や20億人に達しました。

 しかし、つなげただけでは、コミュニケーションは死んでしまいますよね。そこで『コミュニティづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を実現する』と、ミッションを刷新しました。これからはユーザーをつなげるだけでなく、もう一歩踏み込んで、つながった人たちのコミュニケーションを促進する支援もしていく、どのようにつながるか、つながった後何をするかというところまで、プラットフォームとして提案していこうというのです。

 前回の定点観測以降も、フードデリバリーの注文機能や、グループ内での商品販売機能をテストするなど、つながった後を盛り上げる機能アップデートが進められていますし、10月にはアメリカの10代に人気がある『tbh』というサービスを買収して、Instagramのさらに下の年代にも、自分たちの影響力を伸ばしていこうとしています」

 さらに日本においては、地方の活性化、中小企業、自営業のマーケティング支援に力を入れると発表している。こうしたプラットフォーマーのミッションや方向性の中には、いち事業者がうまく活用するためのヒントが隠されていると藤田さんは言う。

 もうひとつ、米国では大きな発表があった。つながっている友人の投稿と企業やパブリッシャーの投稿を分けて、別のフィードとして配信する可能性の示唆だった。

 「ポストアドはプライベートなフィードに配信されるようですので、運用や予算を見直す必要が出てくるFacebookページもあるでしょう。まだテスト段階なので、日本での実装時期はわかりませんが、パブリックなフィードは、ユーザーにコンテンツを自ら読みにいく能動的な姿勢が求められるので、リーチが従来の3分の1程度になるのではとも試算されています。

 生活に密着した商品を扱っているEC事業者の場合はとくに、ビジネスコンテンツに紛れるのは避けたいですよね。ポストアドの広告費を確保する以外の解決策としては、店長、バイヤー、商品開発の担当者が、個人のアカウントで情報発信し、お客様とつながっていってはどうでしょう。米国では『エンプロイー・ブランディング(被雇用者個人の活躍による会社のPR活動)』として注目されている施策です」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
Instagramは急成長で一般化 スポーツやペット等世界観が拡張傾向

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.03 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5265 2019/09/11 17:05

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング