SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.21特集「Roads to 2025~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

小さな実験からムダ・ムラ・ムリ削減 トライアルを実践の場に Retail AIのスマートストア推進

 トライアルグループの店舗を実験場に、ファーストペンギンとして挑戦を続ける。 ※本記事は、2022年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.21』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 福岡県を拠点に、全国271店舗(2022年4月時点)の店舗を展開するスーパーマーケットチェーン「トライアル」。同チェーンでは2018年より、買い物時に用いるカートでそのまま会計まで済ませることができる「スマートショッピングカート」や顧客の行動把握を容易にする「リテールAIカメラ」を導入したスマートストア化を進めている。こうしたソリューション開発の中核を担うのが、株式会社トライアルホールディングス傘下に属する株式会社Retail AIだ。

「テクノロジーによって、新時代のお買い物体験を生み出し、流通の仕組みを革新する」というビジョンを掲げ、グループ内のみならず日本の流通・小売業の進化を目指す同社の取り組みや業界の現状、未来についてCEOの永田洋幸さんに話を聞いた。

株式会社Retail AI 代表取締役 CEO 永田洋幸さん

目指す先は流通・小売業の革新

 IoT/AI技術を使い、流通・小売業の改革に挑むRetail AI。トライアルグループでのDX推進、スマートストア展開を手掛けるほか、グループ内で蓄積したノウハウ、知見を活かして他企業へのソリューション提供を行っている。

 各カートにタブレットを搭載し、商品スキャンやセルフレジ、顧客の購買情報に合わせたレコメンドやクーポン発行を実現するスマートショッピングカートは63店舗に約6,500台(うち2店舗約100台がグループ外店舗からの外注)、欠品防止や売れ残り、廃棄ロスの削減、棚割りの最適化に役立てることができるリテールAIカメラは65店舗に約3,900台導入(2022年4月時点)。いち早くスマートストア作りに取り組んできたと言えるが、永田さんはあくまでも「トライアルの体験だけを向上させたいのではなく、流通・小売業の革新が目的」と語る。

「経済産業省の『商業動態統計調査』によると2020年の小売販売額は約146兆円ですが、このうち約30%にあたる40兆円近くが自らの売上を上げるための生産やリベート、巨額の広告投資といった『ムダ・ムラ・ムリ』だと当社は考えています。トライアルグループは、これをITの力で最適化しようと長年取り組んできました。その結果が現在につながっています」

 同グループの歴史をたどると、1990年代からID-POSデータを活用し、10年前からメーカーと共有することでBtoB取引におけるムダ・ムラ・ムリを削減するなど、長年かけて業界の効率化に取り組んできた。グループ共通のビジョンでも「ITの力で流通を効率化させる」と掲げ、先見的な改革を進めてきたことを踏まえると、「リテールDX」という言葉が生まれる以前から動いていたことがうかがえる。ある意味、ようやく時代が追いついてきたと言い換えることもできるだろう。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
「今やらないと」へ課題が変わったコロナ禍

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

松岡 亜希(マツオカ アキ)

フリーランスのライター&エディター。出版社勤務を経て独立。雑誌、書籍、Webサイト、企業広報などさまざまな分野で活動中。● http://pubapart.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/11408 2022/06/24 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング