SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

7割超が手指消毒するが、4割は消毒液持たず お店や施設に入る前に消毒する人が5割/ナリス化粧品調査

 ナリス化粧品は、コロナ禍以前と比較して手指の消毒が一般的となり、多くの人の生活習慣が一変したことを踏まえ、手指消毒や手荒れに関する意識調査を実施した。

 同調査結果の詳細は、次のとおり。

1日のおおよその手洗い回数 男性は3~5回が最多、女性は6~8回が最多

 回答者全体に1日のおおよその手洗いの回数についてたずねた。全体で最多の回答は、「3~5回」で25.1%。性別、年齢別に見てみると、男性は「3~5回」と答えた層が最多で、女性は、「6~8回」と答えた層が最多となった。比較的、女性の層が手洗いの回数が多い傾向にあり、女性の40代以降では、1日の手洗いの回数が、21回以上と答える人が約1割存在。「わからない」と答えている層も比較的女性のほうが多く、1日の手洗いの回数が多いためにわからなくなっていることも考えられる。

手指の消毒液を使用している人は7割超 ただし自分では持っていない人が約4割に

 「手洗いをしている」と答えた人に、「手指の消毒液を使用しているかどうか」をたずねた。「よく使用している」36.3%と「まあまあ使用している」38.5%を合わせると、74.8%と7割を超える人が、消毒液を日常的に使用していることがわかる。性別でみてみると比較的女性のほうがよく使用している傾向があるが、大きな差ではない。また、手指の消毒液を持っているかどうかたずねたところ、「自分では持っておらず、家にあるものや、商業施設・学校・職場などにあるものを使用している」と答えた人が約4割だった。自宅用の消毒液を持っている人は約3割。「自宅用の消毒液も外出用の消毒液も両方持っている」と答えたのは、約2割。性別で見ると、男性よりも女性のほうが所持している人が多い結果となった。

1日の手指の消毒回数、最も多いのは「3~5回」で約3割

 手指の消毒をしていると答えた人に、1日のおおよその消毒回数を聞いた。もっとも多いのは、3~5回で、約3割。男女差はあまりないように見受けられるが、高齢層で「1~2回」と答えた人が多く、若年層のほうが、使用回数が多い傾向に。男女ともに「わからない」と答えている人が1割以上であり、特に女性は「わからない」と答えている人が多いことがわかった。21回以上消毒液を使用しているのも女性のほうが多く、無意識に使用している人や過敏な人が多いことも推察される。

 また、性別や、子どもの有無により、消毒回数が異なるのか確認を行ったところ、性別による消毒回数の大きな差は見られなかった。消毒回数が1~2回と少ない層では子どもの有無で見られなかった差が、9回以上と消毒回数が多い層になると、男女ともに子どもがいる人が多いことが判明。子どもを持つ人の子どもの年齢までは把握していないが、子どもがいる人のほうが消毒に関する意識が高いことがうかがえる。

手指消毒をもっともするのは「お店や施設などに入る前」で5割超 「帰宅したとき」は約2割に

 「手指の消毒液を使用している」と答えた人に、いつ使用しているかたずねた(複数回答)。もっとも多かったのは「お店や施設などに入る前」で全体では5割超だった。次いで、「お店や施設などを出る時」で約4割でした。先述の設問に対する回答からもわかるように、消毒液は使用しているが、自分では持っていない人が約4割存在するため、消毒液があれば使用するという傾向が見受けられる。その次は、「手を洗ったあと」で約3割。手洗いをしたあとにも関わらず、消毒液を使用している人や、「気づいた時はいつも」という人も約2割と、消毒に関する慎重派が多いことがわかった。

 一方で、「食事の前」や「帰宅したとき」は3割未満にとどまる結果に。性別で見てみると多くの項目で女性のほうが、比較的消毒液を使用している傾向があるが、僅差といえる。「食事の前」「飲みものを飲む前」「飲み物を飲んだあと」「お手洗いの前」といった項目では、女性よりも男性のほうが多くの人が消毒液を使用していた。意識の差が大きな項目は、「扉・机・つり革など他人が触れたものを触ったあと」で、男性が14.7%、女性20.6%が消毒液を使用していると回答した。

手指消毒している人、手荒れが気になるのは約5割 30代前半までの男性の約6割が「手荒れが気になる」

 手指の消毒液を使用していると答えた男女1,317名(男性:641名 女性:676名)に手荒れが気になるかどうかたずねた。「とても気になる」と「まあまあ気になる」を合わせた「気になる」のは、全体では49.6%と約5割に。性別では、手荒れが気になる男性は42.4%、手荒れが気になる女性が56.5%と、女性のほうが手荒れを気にする人が多いが、年齢・性別で見てみると、34歳まででは約6割の男性が、手荒れが気になると回答。そのなかで「とても気になる」に注目すると、25歳から34歳までの男性は、女性の「とても気になる」よりも多いことがわかった。

調査概要
  • 調査実施日:9月7日~9月13日
  • 調査方法:インターネットによる調査
  • 調査対象:20歳~59歳の全国の男女(男性n=1,004名 女性n=1,024名 全体n=2,028名)
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9735 2021/09/23 03:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング