SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ニューノーマル時代の購買行動調査 1万円以下はオンライン、3万円以上は店舗と価格で使い分け/博報堂

 博報堂は、「ブランド・トランスフォーメーション」による企業支援の一環として、「ニューノーマル時代の購買行動調査」を実施。デジタル/リアル接点におけるこれからの購買行動を紐解く事を目的に、生活者の購買意識・行動の実態や、オンラインとリアル店舗に対する意識や行動の違いなどを聴取した。

買い物意識・行動の実態

 商品購入の際の意識や行動についての調査でもっとも多かったのは、「無人レジを使った事がある」が64.6%。続いて、「コロナ禍で、オンラインで商品を購入する事が増えた」が33.7%、「店舗で購入するよりも、オンラインで購入する事が多い」が29.2%という結果となった。この結果について同社では、「利便性に加え、コロナ禍の影響で人と接する事なく買い物をしようとする生活者の意識がうかがえる」と考察している。

 男女別では、「無人レジを使った事がある」「コロナ禍で、オンラインで商品を購入する事が増えた」「コロナ禍で、店舗での買い物は目的の店をしっかり決めて行くようになった」のすべての項目で女性の割合が男性を上回っている。

オンライン/店舗での買い物のイメージ・メリット

 オンラインでの購入と店舗での購入について、イメージやメリットを聞く調査では、オンラインでの購入では、「すぐに欲しいものを見つける事ができる」が67.3%、「安く購入できる」が61.0%、「ほかの店・ブランド・商品と比較検討しやすい」が60.0%と回答の上位を占めた。一方、店舗での購入は「安心感がある」が72.9%でトップ。ほかに「友人・知人と一緒に商品を買える」「返品交換がしやすい」という回答が上位に挙がった。

オンライン/店舗での購入に適した価格

 商品の値段に対して、オンライン/店舗どちらで購入したいか、という調査では1万円未満の商品は「オンラインで購入したい」と回答した人が過半数に。一方、3万円を超えると60%以上の人が「店舗で購入したい」と回答した。

理想とする接客

 店舗における理想的な接客は、「無理に声をかけてこず、こちらから声をかけると接客してくれる」が62.3%、「商品に詳しく、質問や疑問に的確に答えてくれる」が53.5%で過半数を占めた。

これからの買い物意識

 「今後は何でもオンラインで購入するようになると思う」と回答した人は約70%。一方、「店舗で体験する事で、ブランドの思いや思想は伝わると思う」と回答した人は75.8%であった。オンラインについては、85.1%の人が「今後より便利になっていくと思う」と回答している事に対し、店舗は66.7%が「今後はより楽しい場所になっていくと思う」と回答。

 博報堂は「生活者は今後オンラインがより便利になる事を期待し、利用回数が増えるだろうと考えている一方で、店舗はブランドの想いや思想を感じられる場所であり、より楽しさを期待している様子がうかがえます」と考察している。

<調査概要>

調査目的:購買行動における、デジタル接点/リアル接点に対する意識や行動の聴取を通じ、新しい顧客ニーズ・購買行動を検証。

調査対象:全国18歳〜69歳の男女1,100名

調査手法:インターネット調査

調査時期:2021年5月29日〜30日

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9330 2021/06/29 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング