SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

神戸物産とSB、業務スーパーをAI活用の次世代型スーパー実験店舗として構築品切れ検知やレコメンド導入

 神戸物産とソフトバンクは、2021年8月にオープンする予定の神戸物産の直営店「業務スーパー天下茶屋駅前店」を、AI(人工知能)などを活用して消費者の満足度向上を実現する次世代型スーパーの実験店舗として構築することを発表した。

「業務スーパー」は、神戸物産がフランチャイズ本部として全国に900店舗以上展開する食品スーパー。「良いものをより安く」をコンセプトとして、製販一体体制を構築し、国内外の工場で製造したプライベートブランド商品などをベストプライスで販売している。

 神戸物産はソフトバンクなどが企画・開発したソリューションを活用して、「業務スーパー天下茶屋駅前店」で消費者の満足度向上を実現するための取り組みを実施。また、その取り組みの効果や運用方法を検証し、魅力的な施策を全国の業務スーパーに展開することで、さらなる業務スーパーのファンの獲得と事業の成長を目指すという。

 ソフトバンクは、従来の通信事業者の枠を超えて、幅広い産業分野における革新的なサービスの提供や、他社との共創によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みに注力している。同店舗で検証するソリューションや取り組みを生かして、小売業界が抱える人手不足の課題解決や新しい買い物体験の創出に貢献し、業界のDXを促進することを目指す。

 同店舗で実施する主な取り組み内容は、次のとおり。

AI カメラで品切れを自動検知

 陳列棚の映像を AI カメラで解析し、品切れを自動で検知してスタッフに知らせるシステムを導入。このシステムを導入することで、最適なタイミングで商品の補充が可能になり、消費者はスムーズに買い物を楽しむことができる。

 また、店舗側は、スタッフの業務量や人件費を削減することが可能で、業務スーパーの強みである「ローコストオペレーション」のさらなる強化を実現する。

消費者が選んだ商品に応じておすすめ商品やレシピを提案する「レコメンドカート」を導入

 ショッピングカート「レコメンドカート」に設置されたタブレットで、消費者が商品のバーコードを読み取ると、ソフトバンクのグループ会社であるヤフーが提供する多様なサービスから得られるビッグデータや神戸物産が保有する実績データなどを基に、AI が導き出したおすすめ商品やレシピをタブレットに表示する。AI による提案が、消費者の購買意欲にどのように影響するかを検証。なお、消費者は、タブレットに表示されるQRコードをスマートフォンで読み取ることで、店舗を出たあともおすすめのレシピを確認することが可能となる。

 また、バーコードを読み取った商品をカートに入れると、タブレットでカート内の商品を一覧で見ることができ、買い忘れ防止となるほか、その時点の買い物合計金額も一目で確認できる。

 カートをレジと連携させると、セルフレジとしても利用いただけるようになるため、消費者はレジに並ぶことなく精算できる。店舗側は、レジ業務を担うスタッフを削減することができ、通常より少人数での店舗運営が可能になる。

AI を活用してレジの待機人数を予測

 店内に設置したカメラの映像を基に、入店人数やレジの待機人数、精算に掛かる時間などを AIで分析することで、レジの待機人数を予測して、曜日や時間帯ごとのレジの稼働台数やスタッフの配置の判断などに役立てる。適正な台数のレジを稼働させることにより、消費者の待ち時間が削減されるとのこと。

 また、上記以外にも、店内における消費者の動線分析のほか、サイネージでの情報配信やその視聴者の属性分析など、さまざまな取り組みを順次実施。これらの取り組みにより、業務スーパーをより魅力的な店舗とすることで、消費者の満足度向上を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9314 2021/06/23 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング