記事種別

実店舗決済の「楽天ペイ」、DHL全集配スタッフ端末に導入 同社配送料などでキャッシュレス決済が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/12/22 06:00

 楽天ペイメントは、運営する実店舗向けキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」が、国際エクスプレスのグローバルリーダーであるDHLジャパンの全国30拠点全集配スタッフ端末に導入されたことを発表した。

 これにより利用者は、DHLの配送料など国際輸送にまつわるさまざまな支払いにおいて、クレジットカード主要7ブランド、電子マネー14ブランド、およびスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」の各種キャッシュレス決済サービスが利用可能となる。

利用イメージ
利用イメージ

 「楽天ペイ(実店舗決済)」は、加盟店が主要クレジットカード、主要電子マネー、および「楽天ペイ(アプリ決済)」による決済をオールインワンで簡単に導入できる、実店舗向けキャッシュレス決済サービス。DHLの配送料支払いにおいて、これまで利用者は現金およびURLリンクによるオンライン決済が利用可能だったが、今回、同決済サービスが導入されたことにより、より多様なキャッシュレス決済サービスが利用可能となった。利用者は、決済手段の選択肢が増えるとともに、楽天カードや楽天ペイ(アプリ決済)による配送料の支払いで、楽天ポイントを便利かつお得に貯めて使うことが可能だという。

 なお、DHLでは、同決済サービスを一部の集配スタッフ端末に先行導入していた。その際、現金以外で国際配送料金をより容易に支払えることについて利用者から好評を得られたほか、ひとつの端末で複数のキャッシュレス決済サービスが利用可能となることで、端末管理がしやすく現金のやりとりも減り、スタッフの負担が軽減しオペレーション効率の向上も見られた。今回、同決済サービスを本格導入したことで、利用者のさらなる満足度向上と集配スタッフの負担軽減を目指す。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5