記事種別

JR東日本都市開発とPayPay、駅の冷蔵ロッカーでの商品受け取りサービス実現に向け実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/11/21 07:00

 ジェイアール東日本都市開発(以下、「JR東日本都市開発」)は、PayPayと連携し、ウィズコロナ時代に求められている買い物時間の短縮や非対面販売・受取ニーズへの対応に加え、店舗のオペレーション軽減やフードロス削減を目指し、駅ビル内店舗の弁当やスイーツなどをアプリで事前注文し、専用冷蔵ロッカーを介して非対面で商品が受け取りできる新サービス「EKIPICK LOCKER(エキピックロッカー)」の実現に向けて検討を進めている。

 まずは、キャッシュレス決済アプリ「PayPay」内の事前注文サービス「PayPayピックアップ」で事前注文した商品を特設カウンターで受け取りできるサービスとして、シャポー船橋(JR総武本線船橋駅直結)にて11月23日(月)から期間限定の実証実験を実施する。

 次の取り組みとして、2021年2月以降専用冷蔵ロッカーを用いた実証実験を計画している。将来的には、同社が運営するすべての駅ビルで同サービスの導入を目指す。詳細は決まり次第別途発表される。

 EKIPICK LOCKERは、対応するアプリで事前注文した駅ビル内店舗の弁当やスイーツなどを、駅ビル内に設置した専用冷蔵ロッカーで商品が受け取りできるサービス。商品はPayPayピックアップ内で支払い、ロッカーで受け取るため、非対面の代金支払いと商品の受け取りが可能となる。なお、同サービスが利用可能となるのはPayPayピックアップのみとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5