記事種別

ランチェスター、モバイルアプリプラットフォーム「EAP」採用アプリが100万MAUを突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/11/25 11:00

 ランチェスターは、同社が展開するモバイルアプリプラットフォーム「EAP」を用いて開発・運用しているアプリの月間アクティブユーザー数が2019年10月31日時点で100万MAUを突破した旨を発表。

 EAPは、アプリ開発~運用までワンストップで提供するサービスとして2017年9月に誕生して以来、アパレル、コスメ、ライフスタイル、小売などの企業が利用。MAU数に応じた価格システムを取り、開発コストを抑え、ユーザーにより良い買い物体験を実現できるアプリサービスを各企業に提供している。

 同社は現在、運用・保守の面からも同プラットフォームの利用促進を図るため、組織体制の強化を行っている。大手アパレルやIT企業でアプリ運用に携わっていたメンバーを中心に、カスタマーサクセス部門を発足させ、今年度中には本格的な稼働を予定。今後も企業が求める実践的なアプリマーケティングを支援できるよう、プロダクトのアップデート、社内体制の強化を行うとしている。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5