記事種別

オムニチャネル型売場「CUBE」を展開 2019年11月下旬「渋谷PARCO」がグランドオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/06/19 10:00

 パルコは、2019年11月下旬に「渋谷PARCO」をグランドオープンすると発表。

 グランドオープンする渋谷PARCOは、「FASHION」「ART&- CULTURE」「ENTERTAINMENT」「FOOD」「TECHNOLOGY」の5本の柱で構成。それぞれのジャンルをミックスし、お互いの魅力を引き出しあうフロア編集を行ったとのこと。

 「TECHNOLOGY」については、デジタル化時代における顧客との新しいコミュニケーションや買い物のありかたを提案。

 具体的には、店頭販売に加え、ECを併設したオムニチャネル型売場「CUBE(仮称)」を展開。約130坪のエリアに11店舗の小型ショップが出店し、従来の売場より小さなスペース・店頭在庫数で、デジタルテクノロジーを活用して、顧客の求める商品に出会える店舗ゾーンにチャレンジする。

 ショールームの機能を高めたNEXT店舗として、戦略アイテムや限定商品を中心にそろえ、その他の商品はデジタルで在庫管理し、「PARCO ONLINE STORE」(EC)で販売。共用部に設置する大型サイネージやショップ内サイネージでは、手持ちのスマートフォンへ直接データを転送し、店頭にはないオンライン上の商品をいつでも買うことができ、その場でストレスなく買い物ができる仕組みも整えた。

 XR技術を活用し、コンピューターで制作した3次元のクリエイティブ作品を、スマートフォンやAR対応グラスを通して、その場に存在するかのように展示する空間演出を実施。2018年に実施したVRのコンテンツアワード「NEWVIEW AWARD 2018」でPARCO賞を受賞したVR空間デザイナーDiscont氏によるインスタレーション作品の展示を予定し、現在制作を進行している。

 TECHNOLOGYをより身近に体験できるカフェやショールーム型のショップも導入。地下1階には、最先端の技術を用いて“魔法のような体験ができる”ティフォンの新業態カフェ「Tyffonium cafe」がオープンし、AR(拡張現実)を組み合わせた新感覚スイーツを提供。1階には、日本初となるクラウドファンディングを活用した実証実験型AIショールーム「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」をオープン。ここでは、IoT製品などをはじめとした、世界中の世に出る前のユニークなデジタル製品やアイデアを実際に触れて試すことができる。

 電子化したレシートをスマートフォンに届けるレシート管理アプリ「スマートレシートサービス」(東芝テック)を活用し、PARCOの公式アプリ「POCKET PARCO」ユーザー向けに、「電子レシート」サービスの提供を開始します。今後、アプリの利用データやお買い物履歴など、さまざまなデータをAIにより分析・学習し、来店前・来店中・来店後の最適なタイミングで、お客様の好みにマッチするショップや商品・サービス・コンテンツ情報を配信する新たな仕組みを開発・リリース予定。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5