記事種別

au PAY、4月9日より提供開始 店舗用アプリ「au PAY for BIZ」の無料提供も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/04/04 11:00

 KDDIは2019年4月9日より、2次元コードをつかったスマホ決済サービス「au PAY」の提供を開始する。

 au PAYは、au WALLETアプリから利用することができ、アプリ上に表示される2次元コードをPOSレジや各種端末で読み取ることで、対象店舗での買い物や支払いに利用できるスマホ決済サービスである。

 コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、飲食店などで利用することができ、対象店舗は今後順次拡大していく。

 支払いは、au WALLET 残高を利用し、au WALLET 残高へのチャージは、すでに貯まっているau WALLET ポイントや、auかんたん決済 (通信料金合算支払い)、じぶん銀行をはじめとした、クレジットカード、auショップ、ローソン店頭など、ユーザーのニーズに合わせて方法を選択できる。

 さらに、2019年夏以降、au WALLET 残高へのチャージ方法を拡充。セブン銀行ATMで現金チャージが開始になるほか、auかんたん決済 (リアルタイムチャージ)では、残高不足時にその場で不足額を自動でチャージが可能になる。

 au PAYは、利用金額に応じて、200円 (税込) ごとに1ポイント (0.5%相当)、auスマートパスプレミアム会員には200円 (税込) ごとに3ポイント (1.5%相当) のau WALLET ポイントを還元する。

 また、街の店舗のキャッシュレス対応を支援するべく、主に中小規模の加盟店向けに、無料で店舗用アプリ「au PAY for BIZ」を提供。au PAY加盟店向けページから、加盟店登録の申し込みをし、タブレットやスマホなどでau PAY for BIZを利用することで、加盟店はau PAYを導入することができる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5