記事種別

楽天、関通が運営する兵庫県尼崎市の物流センターを楽天スーパーロジスティクスの物流拠点に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/02/07 15:55

 楽天は、関通と物流分野における資本業務提携に係る契約を締結した。

 関通は、関西エリアを中心に、システム・コンサル・アウトソーシングなど様々な手法で顧客の物流改善を担う物流支援会社である。通販・ネットショップを対象に、物流倉庫・受注管理・出荷の包括的な物流サービスも提供している。

 本資本業務提携に基づき、楽天と関通は、それぞれのアセットを活用し、物流分野において連携する。関通は、物流センター運営のノウハウを活かし、同社の兵庫県尼崎市の物流センターを、「楽天スーパーロジスティクス」の物流拠点として運営。同施設は3月より、「Rakuten Fulfillment Center Amagasaki(以下、本物流センター)」として稼働開始予定となっている。

 楽天は、関通から第三者割当増資を引き受け、2019年2月までに同社に出資。関通は、本第三者割当増資によって得た資金を、本物流センターの設備投資のためのシステム開発や設備投資に活用する。また今後は、「Rakuten EXPRESS」でも、関通が顧客より受託する荷物を配送するなど、両社の連携をさらに強化する予定。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5