記事種別

製品開発にも参加できるショールーム型の次世代店舗「蔦屋家電+」が来春オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/12/14 13:00

 蔦屋家電エンタープライズが、次世代型ショールーム「蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)」を2019年4月、二子玉川 蔦屋家電 内にオープンすることを発表した。

 蔦屋家電+は世界中のユニークなプロダクトに実際に触れることができ、創り手とのコミュニケーションによって自身も製品開発に参加することができる、ショールーム型の次世代店舗である。

 蔦屋家電+が来店したユーザーに提供するのは、五感で楽しむ「体験」と創り手との「繋がり」である。テクノロジーを駆使した家電製品をはじめ、技術力を生かして開発された日用品や食品などのほか、発売前の最新プロダクトにも直に触れ、感じることができる。また、創り手のプロフィールや製品に込められた思い、デザインのコンセプトなどのリアルな情報を蔦屋家電+のキュレーターが独自の目線で編集し紹介する。

 今回、オプティムが開発し、すでに小売、飲食、商業施設に導入されているAI Cameraによる分析システムを応用した「OPTiM AI Camera for Retail CE」を利用。

 蔦屋家電+内に設置されたカメラで来店者の属性および行動データを、リアルタイムに個人を特定できないデータに変換・収集(これらデータについては外部からのアクセスが不可能な環境で使用される)し、創り手にフィードバックし、展示している製品への質問や要望などユーザーの意見も集約し、創り手に届ける。

 蔦屋家電エンタープライズは、誰もがネットで手軽に買い物できる時代だからこそ、価値あるリアルな情報を提供し、創り手と消費者を結ぶ「場所」が必要であり、最新のAIテクノロジーを駆使した「場所」における行動分析が、さらなる価値あるリアルな情報を生むと考えている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5