SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

フューチャーショップ、リブランディングを実施 FutureShop2は「futureshop」へ 新CMS機能もリリース

 ECサイト構築プラットフォーム「FutureShop2」を提供するフューチャーショップは、リブランディングを行い、サービス名称を変更する。それに伴い、サービスサイト、サービスロゴを刷新する。

 今やeコマースは、特別なチャネルではなくなり、コマースそのものといっても過言ではない。ゆえに同社は、より一層サービス領域を拡大し、スピード感を持って変化を捉えた新しい機能やサービスを提供しつづけたいと考え、サービス名からバージョン番号を外した。

 また同社は、ECサイト構築機能を刷新し、より自由なデザインを実現できる新CMS機能「commerce creator(コマースクリエイター)」もリリース。

 新CMS機能commerce creatorは、これまでFutureShop2に実装されてきたECサイト構築機能の課題を解決し、より洗練されたECサイトを構築することが可能になるとともに、より効率的にコンテンツ運用が可能になる機能を備えている。

 本機能では、ECサイトを構成する要素をそれぞれid,classが付与されたパーツに分割し、自由にレイアウトできる機能を実装。商品や顧客の状態によって伝えるべき情報を最適化できるとともに、編集・更新作業の効率化やコンテンツの再利用を簡便にする戦略的なEコマースを実現するために開発された。

レイアウト編集画面・カルーセルパネル編集画面
レイアウト編集画面・カルーセルパネル編集画面

 本機能の主な改善ポイントは下記の通り。

  • レスポンシブデザイン、アダプティブデザインのどちらにも対応
  • Eコマースサイトを構成する全ページのレイアウト構造を集約し、各ページ内の要素をパーツ化、出力順をカスタマイズすることで自由なレイアウトを実現
  • パーツ化したページ内の要素に表示条件を設定し、会員向け・非会員向け、または予約商品のみ、Sale対象商品のみ等のさまざまな条件によってコンテンツを出し分け
  • Futureshopシステムから出力されるメッセージテキストを自由に編集(※一部のエラーメッセージなどは編集不可)
  • トップページ、フリーページもcommerce creatorで管理・作成
  • 各種ファイル(画像ファイル、HTMLファイル、CSSファイル、JavaScriptファイルなど)管理・操作を管理画面で実現
  • カルーセルパネル、箇条書きコンテンツ、画像+テキストのコラム型ページ等、シンプルなコンテンツを簡単に作成できる機能を実装
  • 商品画像一括登録仕様を簡単、シンプルに改善

 また今回リリースされた新機能により、本来futureshopが得意とするプロモーション機能のひとつであるクーポン機能も強化され、より一層戦略的なEコマース運営の実現が可能となった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/5985 2018/09/03 14:15

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング