記事種別

ebisumart、ZOZOとの在庫連携が可能なフルフィルメント
サービス「aratana gateway」との接続を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/06/20 16:30

 インターファクトリーが提供するクラウドECプラットフォーム「ebisumart」は、スタートトゥディグループでEC支援事業を行うアラタナのフルフィルメントサービス「aratana gateway」との接続を開始した。

 「aratana gateway」は、自社ECとZOZOBASEを連携することで在庫の一元管理を実現し、ECに関連する業務を委託することができるサービスである。

 これによりアパレルEC事業者は、開発に伴うコストと工数を最小限に抑えながら、自社ECサイトの構築とZOZOBASE連携を同時に行うことができる。また、ZOZOTOWNの商品情報や在庫情報、出荷データなどはebisumartを通じてaratana gatewayと連携され、一元管理を行うこと可能となる。

 さらに、物流・撮影・採寸などの倉庫業務から、マーケティングやコンタクトセンターといったECサイトの運用業務までをフルフィルメントサービスとして利用することができ、EC運用のアウトソーシングが実現する。

 本サービスの主な導入メリットは下記の通り。

ZOZOTOWN在庫との一元管理によって販売ロス・在庫ロスを削減

自社EC在庫とZOZOTOWN在庫を一元化することで、ユーザーは商品をZOZOTOWNでは購入できるが、自社ECでは購入できないといった状況が発生しない。これにより、機会損失を発生させないことによる売上向上と、在庫ロスを発生させないことによる業務の効率化が実現できる。

自社ECとZOZOTOWNの運営をアウトソースし、EC担当者の業務負担軽減

自社ECとZOZOTOWNの物流面やカスタマーサポート面を統合することで、ECに関する様々な業務をアウトソースすることが可能。これにより、EC担当者の負担となっていた業務工数を削減する。

ZOZOTOWNの販売データを活用し、売上コンサルティングを支援

ZOZOTOWNでの販売実績の分析から、売上分析レポートを毎月作成。商品閲覧傾向や購入者データを提供し、自社ECや実店舗へユーザーの誘導、需要予測を支援する。

 なお、aratana gateway導入の第一号店舗として、メイウッドが運営する女性アパレルブランド「BANNER BARRETT(バナーバレット)」の自社ECサイトがリニューアルオープンした。今後も年内に、数十社の導入を予定している。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5