記事種別

世界の小売業ランキング、Amazonは前回の10位から6位に浮上 日本企業の最上位は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/05/07 19:15

 デロイト トーマツ コンサルティングは、Global Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング 2018」を発表。

 上位250社の総小売売上高合計は4兆4,100億米ドル、平均小売売上高は176億ドル、2011~2016年度における小売売上高の年平均成長率は4.8%となった。

 250社のランキングのうち、トップ5は昨年と変わらず、Wal-Mart Stores、Costco Wholesale、The Kroger、Schwarz Group、Walgreens Boots Allianceという結果に。また、前回調査開始以降(今回で20回めの調査)、初めてトップ10入りしたAmazon.comは、順位を4つ上げ、6位にランクインした。

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

 なお、日本企業でトップ250入りした企業数は32社で、前年の30社から微増となった。日本企業のうち最上位は、12位にランクインしたイオンであった。

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

 今回の調査レポートでは、「小売業の変容と再活性への道」をサブタイトルに掲げ、2018年の小売業のトレンドとして以下の4つのポイントを挙げている。

  1. ワールドクラスのデジタル・ケイパビリティの構築
  2. リアル×ネットの融合によるデジタル変革のロスタイム挽回
  3. リアル店舗におけるユニークで強力な顧客体験の創造
  4. 最新テクノロジーで小売業を作り変える

 調査レポート『世界の小売業ランキング2018』はこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5