記事種別

電通アイソバー、LINEと独自のO2Oプログラムを活用した顧客体験価値プログラムの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/04/24 14:00

 「TONARIWA(トナリワ)」は、年間100を超えるプロモーション実績と、LINE公式アカウントの効果を最大化するための運用コンサルティングの実績から得たノウハウを活かし、LINEビジネスコネクトのさまざまなニーズに応えることができるマネジメントツールである。

 「TONARIWA O2Oプログラム」では、LINEを介し、各コンタクトポイントで最適な顧客体験の提供とユーザーコミュニケーションを可能とする。本プログラムにより、ユーザーのブランド(企業)体験価値を向上、エンゲージメントを高め顧客関係構築をサポートする。

 具体的なプログラムの詳細は、下記の通り。

ストアQR連携

店頭ごとのQRコードを介してユーザー情報を取得することで、どのユーザーが、どの店舗に、いつ何回来店したかなどのデータを取得することができる。

LINE Beacon連携

店舗やイベント会場に設置されたbeaconから周辺にいるユーザーに対して、LINE経由でクーポンなどのプッシュメッセージの送付が可能となる。

レシパシャ連携

ブランカの「レシパシャ(レシート認証エンジン)」と連携し、製品購入後のレシート画像をLINEを通じて送信、ユーザーはワンステップでマストバイキャンペーンに応募することが可能。

#MirrorSnap(ミラースナップ)連携

SnSnapの提供する「#MirrorSnap(持ち運び可能な設置型カメラサービス)」と連携。イベント会場などのフォトブースで撮影した限定のフレームや、アニメーション付きの動画データをLINE上でユーザーに送信できるため、イベント参加者に対して他のユーザーとは違うメッセージ配信を行うこともできる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5