記事種別

7-9月期「訪日外国人旅行消費額」は前年同期比26.7%増の1兆2,305億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/10/20 10:00

 観光庁の調査によると、今年の7-9月期の訪日外国人旅行消費額は、前年同期比26.7%増の1兆2,305億円となった。

 観光庁が18日に発表した「訪日外国人消費動向調査(平成29年7-9月期)」の調査結果(速報)によると、インバウンド商品は依然として好調のようだ。

 平成29年7-9月期の訪日外国人旅行消費額(※)は1兆2,305億円。 前年同期(9,716億円)に比べ26.7%増加。訪日外国人1人当たりの旅行支出は16万5,412円で、前年同期(15万5,123円)に比べ6.6%増加している。

※ 「訪日外国人旅行消費額」は、訪日外国人1人当たり旅行支出×訪日外国人旅行者数で算出

 国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が5,432億円(構成比44.1%)と最も大きい。次いで、台湾1,490億円(同12.1%)、韓国1,361億円(同11.1%)、香港941億円(同7.6%)、米国618億円(同5.0%)の順となっており、これら上位5カ国・地域で全体の80.0%を占めている。費目別では、買物代が34.2%と最も多く、次いで宿泊料金(29.7%)、飲食費(21.1%)の順となっている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5