記事種別

サマンサタバサ、中国向け越境ECプラットフォーム 『豌豆公主』での販売を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/07/14 10:00

 サマンサタバサが、 2017年7月13日 より、中国向け越境ECプラットフォーム 『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品販売を開始。

 サマンサタバサは、 中国ではすでにTmallへ出店しているが、 さらなる中国での浸透を目指し、 より多くのECプラットフォームへの出店が可能な『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品販売する運びとなった。

 まず、7月13日にモデルのミランダ・カーモデル「Miranda Kerr for Samantha Thavasa」を出品し、 次に7月末を目途に「Samantha Thavasa」「Samantha Vega」を出品。 以降、「COLORS by Jennifer Sky」「& chouette」「Samantha Thavasa Petit Choice」の3ブランドの出品を順次予定している。

 『豌豆公主』は、日本商品に特化した中国ユーザー向けショッピングアプリ。日本企業は初期費用・固定費が無料で出店ができることから、 中国ですでに人気の商品からまだ中国ユーザーの認知度が低い商品まで約27,500商品(2017年6月現在)を揃えている。

 商品を陳列して販売するだけではなく、 企業ブランド・商品の詳細情報や、 商品の使い方や利用シーンをまとめた動画・記事コンテンツを提供するなどユーザーに対して多角的にアプローチすることが可能。 また、 アプリ内のSNS機能(プリンセストーク)やコンテンツを通じて、 ブランドイメージや商品をより拡散・浸透させていくこともできるため、 『豌豆公主』から新たなヒット商品も続々と誕生しているとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5