記事種別

スマホのヘビーユーザーで若年女性が増加、ヘビーユーザーの動向を知り「習慣化」を図るには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/09/29 11:20

ヘビーユーザーにおける若年女性の割合が増加

 ニールセンがまとめた、2016年上半期のPCとスマートフォンの利用実態レポートによると、スマートフォンからのインターネット利用者数は2016年8月時点で5,697万人となり、PCからの利用者数の1.3倍の規模となった。

 スマートフォンの利用者を、利用時間が長い順に並べ、上位20%をヘビーユーザー、下位の20%をライトユーザー、残りの60%をミドルユーザーに分けると、利用時間が長いほど34歳以下の若年女性が多くなり、ヘビーユーザーでは32%を占めている。

 また、利用時間に占める各サービスカテゴリのシェアをユーザー層の間で比較すると、ヘビーユーザーは「ソーシャルネットワーク」や「ゲーム」が占める割合が高くなっている。

 

動画サービスにおけるヘビーユーザーの動向

 動画サービスのヘビーユーザーを見ると、1回あたりに利用する時間に大きな違いは見られなかった。しかし、1か月の間に利用する日数では、ヘビーユーザーは利用者全体の2倍以上の日数で利用している。特に無料動画では、利用者全体では1か月間のうち平均して8日利用するのに対して、ヘビーユーザーは平均20日利用している。

なぜヘビーユーザーの動向に注目するのか

 スマートフォンの利用状況を全体からみると、シニア層の利用者数が増えているが、ヘビーユーザーに絞ってみると若年女性が中心となっている。今回はヘビーユーザーの動向にフォーカスしているが、その理由は、同じような属性のミドルユーザーの利用を促進するといった具体的な目的に落とし込むことで、効果的なサイト改善やコミュニケーションの設計を立案できるようになるからだ。

 その際に重要なのは、サービス利用を“習慣化”させること。今回は動画を取り上げて利用状況を分析しているが、ヘビーユーザーがそのサービスを習慣的に利用している点は非常に重要だ。生活時間は限られているため、1日の中で利用時間を増やすには限度がある。ヘビーユーザー分析から得られる知見をもとに、サービスの利用を習慣化させるという視点で、消費者との関係を深める策を考えていくことが必要だとニールセンはコメントしている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5