SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

サイト内検索ユーザビリティ向上3機能、売上トップ50サイトのうち全機能導入は42%[ナビプラス調査]

 調査元のナビプラスは、サイト内検索ASP「NaviPlusサーチ」を提供している。同社は、検索のユーザビリティを最大化する3つの機能として、「サジェスト(オートコンプリート)」「ドリルダウン」「ファセットカウント」をピックアップ。

 「ネットショップ売上高ランキング(日本ネット経済新聞 2015年6月11日号)」の上位50サイト+「総合通販」「家電」「ファッション」「化粧品」「食品」「日用品」の6ジャンル別の売上トップ10社のサイトに対して、この3つの機能が実装されているか調査した。

ユーザビリティ改善の3機能、導入率はEC売上高トップ50サイトでも40%足らず

 売上トップ50サイトのうち、3機能すべてが実装されているのは42%、1機能以下のサイトが4割を占めた。

業種により導入率にばらつきが見られる

 ECサイトのジャンル別に3機能すべてを導入している割合を見ると、「総合通販」が60%でトップ。「ファッション」「家電」「日用品」では4割を占めた。

 3機能の詳細は、以下のとおり。

サジェスト(オートコンプリート)

 検索窓に何文字か入れると、検索候補が表示される機能。ユーザにとっては入力の手間が省け、EC事業者にとってはユーザーの打ち間違いによる機会損失を減らすことができる。

ドリルダウン

 いわゆる「絞り込み機能」。商品を複数の軸(性別、カテゴリ、ブランド、素材、色、産地、性別、価格など)で絞り込んで、ユーザーが探し求める商品に的確かつスピーディーに誘導できる。

ファセットカウント

 「そのカテゴリで絞り込んだら何件残るか」を表示する機能。絞り込む前に件数を表示することで、ユーザの無駄なアクションを減らしたり、検索結果ゼロを回避したりすることができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(Q)(イーシージンヘンシュウブ)

ECzine編集部のキュレーション記事担当のほうです。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/1999 2015/07/09 09:33

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング