SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

日本のネットショッピングにおけるモバイル使用率49%、世界的に見ても高い[クリテオ調査]

 今回の調査対象国は、日本、韓国、米国、英国、スペイン、ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、ロシア、ブラジルの11ヵ国。

 オンラインショッピングにおけるモバイル使用率の平均は30%に。うち日本は調査対象国の中で最高の49%、続いて韓国が45%となった。

 デバイス別の割合(11ヵ国)を見ると、Androidスマートフォンが5.7%と最も高く、次いでiPadが5.1%、Androidタブレットが4.7%、iPhoneは4.3%となった。

クリックすると拡大します

 日本におけるAndroidでの取引は、EC(リテール)が43%、旅行が43%に。

 モバイル使用率のうち、スマートフォンとタブレットの割合を比較する(11ヵ国)と、日本・韓国ではスマートフォンの割合が高く、日本では、スマートフォンが44%、タブレットの使用は5%となっている。一方で英国、ドイツ、オランダ、フランス、ロシアでは、タブレットの使用率のほうが高いことがわかる。

 クリテオの最高プロダクト責任者 ジョナサン・ウルフさんは、調査結果をうけ、以下のようにコメント(抜粋)している。

 「現在モバイルは、単に商品やサービスを検索するだけではなく購入にも使用されているため、ECや旅行業界は、増え続けるモバイル経由のセールスを獲得するという非常に大きなチャンスに直面しています。モバイル利用の拡大が続くなか、EC企業がモバイルサイトをより効果的に最適化してコンバージョンを促すことで、近い将来、モバイル経由のオンラインショッピングが全体の半数に到達するものと当社では予測しています
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/1593 2014/12/21 10:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング