SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

unerryとカイバラボ、PPIHグループのリテールメディアサービス拡充に向け連携を開始

 リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営するunerryと、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、PPIH)グループのデジタル領域を担うカイバラボは、PPIHグループのリテールメディアサービス拡充に向け連携を開始した。unerryの人流ビッグデータとPPIHグループの購買データを掛け合わせ、メーカー向けに大規模な広告配信と効果検証を可能にする。

リテールメディアサービスの概要

 同サービスでは、unerryが保有する人流ビッグデータとPPIHが持つ買い場網および「majicaアプリ」から得られる購買データを活用。メーカー向けの新たなリテールメディアサービスを実現したとのこと。

 総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」や総合スーパー「アピタ」「ピアゴ」などの店舗を展開するPPIHグループは、訪日客やZ世代向け業態の「キラキラドンキ」など多様な業態を有する。これにより、地域を問わず幅広い年齢層の顧客に対応できる店舗開発が可能。メーカーはこれらのアセットを活用して、効果的なマーケティング施策を展開できる。

サービスの特徴

顧客像を精度高く捉える深いリーチ

 PPIHグループの購買データとunerryの人流データ解析を活用し、「行動DNA」、来店や特定売場での行動を基にした広告配信セグメントを作成。ターゲットとなるペルソナ像と同じ特徴量を持つユーザーへ広告配信できる。

非会員、未来店層にも届く広いリーチ

 majicaアプリのユーザーだけでなく、unerryのBeacon Bankが連携するユーザーに対して、店舗周辺でのアプリプッシュ通知、デジタル広告、コネクテッドテレビ、OOHなど、多様なメディアを活用した広告配信が可能。

来店・購買までを捉える効果計測

 人流データの解析により、広告配信対象者におけるPPIH店舗への来店率、来棚率を計測。また、購買データと連携することで購買率も把握できる。また、他店舗への来店実績もわかる。PPIH店舗以外の効果も含めた投資対効果の全体像を明らかにする。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14906 2024/06/11 09:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング