SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

ebisumart、画像の表示速度を高速化できる「画像WebP変換」オプションをリリース

 インターファクトリーが提供するクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart(エビスマート)」は、ECサイトの画像を次世代画像フォーマット「WebP」へ変換してウェブサイトの表示高速化を図るオプション機能「画像WebP変換」をリリースした。なお、同機能は「ebisumart zero(エビスマート ゼロ)」を利用するEC事業者も対象となる。

 次世代画像フォーマット「WebP」はGoogleが開発した画像フォーマットで、画質を担保したまま画像サイズを軽量化することを可能にしている。Googleによると、非可逆圧縮の場合で同等画質のJPEGファイルより25%~34%、可逆圧縮の場合もPNGファイルより26%、小さくできると発表されている。

ebisumart新オプション機能「画像WebP変換」の特徴

  • Webサイトの表示速度を高速化し、SEOやCVRの改善が期待できる
  • 従来形式の画像からの変換手続き不要
  • WebP非対応のブラウザへは従来形式の画像を自動で表示できる

 ウェブサイトの表示速度とは、ユーザーがURLにアクセスした後にブラウザに指定されたページが表示される速度のことである。ECサイトでは、商品画像などが多いため表示に時間がかかり、ユーザーが購入をあきらめて離脱してしまう可能性があった。表示速度を高速化することで、より良いUX(ユーザー体験)を提供でき、CVRの向上が期待できるという。

 また、Googleは検索結果でのランキングを決定する際に「Core Web Vitals(コア・ウェブ・バイタル)」という表示速度に関する要素を考慮すると発表しており、表示速度の改善はSEO(検索エンジン最適化)にも一定の影響を及ぼすと考えらるとのこと。

 画像WebP変換オプションでは、従来形式のJPG・PNGなどの画像をアップロードする運用はそのままに、ウェブサイトに表示させる画像を自動でWebPへ変換できるオプションとなっている。また、WebP非対応のブラウザを利用しているユーザーには、自動で従来形式の画像を表示するため、ユーザー環境によって画像が表示できなくなることはないとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14485 2024/03/28 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング