SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

金賞は岡山県「牡蠣のアヒージョ」 農林水産省「第2回地場もん国民大賞」決定

 880商品のエントリーがあり、一次次審査を勝ち抜いたのが30商品。このなかから、11月1日「JAPAN FOOD FESTA 2014」にて、最終審査が行われた。

 金賞は、岡山県の「海餐の宴(かいさんのうたげ) 牡蠣のアヒージョ」。岡山県虫明海域で育てた牡蠣を、マッシュルームとともにオリーブオイルで煮込んだもの。Yahoo!ショッピングで購入できる。

 銀賞は、北海道の「牛とろフレーク」、香川県「オリーブ牛肉うどん」、銅賞は、愛知県の「エゴマだれ五平餅」、鹿児島県の『プレミアム ナチュラル&オーガニック ボトリングティ 「吟穣茶」 Kawanabe Green』となった。 

 銅賞の『「吟穣茶」 Kawanabe Green』含め、一次審査を通過した30商品のうち、5商品がネット通販が今回はじめてとなる。

 審査員として参加した、Yahoo!ショッピングの小澤隆生さんは、以下のようにコメントしている。

「色々実際に試食させて頂き、まだまだ地域の特産品で美味しいものはたくさんあるとつくづく思いました。今回の取り組みが、そういったまだまだ眠れる地方の特産品と全国の消費者を結びつけるきっかけになれば幸いですし、今後ぜひ、インターネットを活用して、地域おこしや地方の経済活性化に繋げて頂ければと考えています。特にYahoo!ショッピングは出店料もロイヤルティも無料なので、気軽にネットショッピングを始められると思うので、どしどしご参画頂きたいです」

 「第2回地場もん国民大賞」は、専門家や有識者による審査員と一般生活者の投票により、日本から世界に発信したい「日本を代表する地場もん」を決定するコンテスト。クールジャパンな食品ジャンルを構築し、戦略的な観光資源開発・海外販売につなげるのが目的。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/1389 2014/11/05 11:06

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング