SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

NTTドコモ、「ドコモリテールDXプログラム」を開始 会員基盤データ活用したマーケティングDXを支援

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は、流通小売業におけるバリューチェーン全体のマーケティングをサポートする「ドコモリテールDXプログラム」の提供を開始した。

 同プログラムは、同社が保有するdポイントクラブ会員の属性情報や位置情報などの各種データ(以下、ドコモデータ)と、d払い/dポイント加盟店である流通小売企業が保有するID-POSデータ(購買情報)をユーザーから同意を得ている範囲で組み合わせ、ドコモの独自AIエンジン「docomo SenseTM」を活用して統計化。これにより、集客支援や店舗仕入れの最適化など、流通小売企業それぞれに最適なソリューションを組み合わせ、バリューチェーン全体の課題解決をサポートするもの。商圏および顧客の可視化・分析を行うダッシュボードや、ドコモの子会社であるDearOneが提供する流通小売企業の会員アプリ開発サービス「ModuleApps2.0」、アプリを活用した広告配信サービスにより広告収入を得られる「ARUTANA」なども併せて提供が可能だという。

 これらについて、インテージホールディングス(以下、インテージ)のデータ分析・インサイト導出力や、フェズの知見を活かし、集客支援や店舗ごとの商品仕入の最適化などのマーケティング活動を実行支援する。

リテールDXダッシュボード

 ドコモデータと「docomo Sense」を活用し、統計情報のかたちで、商圏および顧客の可視化や、顧客のプロフィール・ライフスタイル・ライフステージごとでの様々な分析が可能なダッシュボードを提供。効果的な集客・販促施策、新規出店候補地のポテンシャル分析など流通小売企業のマーケティングに活用可能となっている。

 さらに、流通小売企業が保有するID-POSデータ(購買情報)とドコモデータをユーザーから同意を得ている範囲で連携することにより、商品・カテゴリ別の売上分析、商品軸での顧客分析、販促施策の効果検証など店舗運営に必要なデータ分析をワンストップで提供する。

流通小売企業の会員アプリ向け広告配信サービスによる収益化支援

 DearOneが提供開始した「ARUTANA」は、メーカー企業などが、流通小売企業が提供する会員向けアプリ面に対して、横断的に広告を配信できるサービス。PoC(Proof of concept/試作開発に入る前段階の検証プロセス)では高い効果が確認できており、サービス提供開始時点では、すでに13社、9,276店舗、1,427万MAUのユーザーに対して広告が配信可能となっている。

 広告配信ネットワーク拡大のため、ModuleApps2.0導入企業のアプリに「ARUTANA」モジュールを標準搭載することに加えて、外部アプリ向けにSDK(各流通小売企業の持つアプリと「ARUTANA」を接続するために必要なツールのセット)を提供している。

 流通小売企業1社のアプリだけではリーチ力が限られる場合でも、「ARUTANA」に参画することでDearOneが各流通小売企業のアプリを束ね、消費者がアプリを開くことの多い店頭など、購買検討タイミングでの広告配信を行うことが可能となる。

 また、流通小売企業へは、広告主であるメーカー企業などからの広告収入の一部が還元される仕組みとなっており、流通小売企業の新たな収益機会の創出に貢献するとしている。

リテールDX実行支援サービス

 商品情報データベースおよび小売店パネルなどを通じて、マーケティング支援事業を提供しているインテージ、およびID-POSデータをはじめとするリテールデータを活用してリテールDX支援を推進するフェズとの業務提携を通じて、流通小売企業に対して、バリューチェーン全体の最適化を支援するワンストップの実行支援サービスを提供する。

 インテージとの取り組みでは、ドコモが保有するdポイント会員のデータを連携してインテージのデータ分析力で価値化することで、流通小売企業が抱えるさまざまな課題に対して、課題解決のためのインサイトの導出から、分析・マーチャンダイジング・店舗オペレーション・広告・販促を通じ、収益化を実現するトータル事業支援サービスの提供を目指す。

 さらに、フェズの知見を活用し、流通小売企業の課題解決に向けた、ドコモのdポイント会員データと流通小売企業データとのより効果的な連携手法の開発と、企画力・実施力の強化を実現する。

 なお、ドコモはフェズと、業務提携契約を2023年9月26日に締結。これに関連して、ドコモの子会社であるNTTドコモ・ベンチャーズは、同社が運用するファンドを通して、フェズへの出資を行っている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13712 2023/10/30 08:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング