SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

オラクルとMastercard、BtoB決済取引効率化・自動化実現のため新たなパートナーシップを発表

 オラクルとMastercardは、企業間(BtoB)決済取引をエンドツーエンドで自動化するための新しいパートナーシップを発表した。これにより、オラクルは「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(ERP)」を銀行と直接接続することで、顧客企業がB2Bの財務および決済プロセス全体を効率化および自動化できるようになる。

 オラクルは、決済エコシステム全体でデータ、システム、プロセスがバラバラであるため、企業とそのサプライヤーが効率的な取引を実現できていなかった課題に対処し、企業がすべての取引関係者をセキュアに接続して情報共有するために、Mastercardの革新的なバーチャルカード・プラットフォームを活用。これにより、オラクルの法人顧客のエンドツーエンドの金融取引が迅速化されるとともに、銀行が「Oracle Cloud ERP」内で付加価値の高いサービスを提供できるようになるという。

 Mastercardのバーチャルカード技術を組み込むことで、数ヵ月にわたる実装作業が不要になるだけでなく、カード・プログラムの設定や構成にかかる手間や技術的な複雑さを大幅に軽減することが可能。その結果、「Oracle Cloud ERP」とMastercardのユーザーは、次のようなメリットを得ることができる。

サプライヤーへの請求書支払いのためのバーチャルカード

 「Oracle Cloud ERP」で、カードを使用できるサプライヤーを特定し、バーチャルカードの生成と大量の支払いを自動化し、銀行の勘定照合のプロセスを効率化。エンドツーエンドの支払い処理には、サプライヤーの銀行口座への自動直接振込と、サプライヤーのための送金結果の照合業務の効率化が含まれる。

企業購買のためのバーチャルカード

 企業が従来の支払い方法を安全なバーチャルカードに置き換えることで、不正防止を強化。また、調達チームは、従業員によるバーチャルカードのリクエストを一元管理し、オンデマンドでビジネス購入をサポートすることができる。

 Mastercardのバーチャルカードが「Oracle Cloud ERP」に組み込まれると、お客様は、Mastercardの主要なグローバル決済ネットワークを通じて、サプライヤーに迅速かつ安全に支払いを行えるように。また、容易に自分の銀行のサービスを活用できるように設定することができ、キャッシュフローを管理し、不正防止を強化し、プログラムのインセンティブを受け取ることができる。さらに、サプライヤーは、迅速な支払い、回収リスクの低減、売掛金の効率化といったメリットを享受できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13554 2023/09/25 08:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング