SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

SUPER STUDIO、ecforce切り替え時のデータ移行を自動化するツールを独自開発

 D2C支援事業やECプラットフォーム「ecforce(イーシー・フォース)」を提供するSUPER STUDIOは、EC/D2CメーカーがECシステムの切り替えを行う際のデータ移行を自動化するツール「ecforce data transfer(イーシーフォース・データ・トランスファー)」を独自に開発した。ECシステムの切り替えを行う際にハードルとなる膨大なデータ移行を、同ツールで自動化。正確かつ迅速なカートシステムの切り替えを実現する。

 ecforceでは、これまでEC/D2Cメーカーの売上向上や業務効率化を目的としたカートシステム切り替えについての相談が多く寄せられていた。ECシステムのデータ移行支援に携わる中で、プロフェッショナル人材の確保が難しく、すべての問い合わせへの対応が難しいという課題があった。

 この課題を解決すべく、同社では「ecforce data transfer」を独自開発。同ツールでECシステムのデータ移行作業時間を大幅に削減することで、要望への対応力強化を図るとのこと。

 また、同社は多くのECシステム移行に対応できるよう、人員体制の強化も推進。2021年の資金調達以降、ECシステム移行に携わる人員を2倍以上に増強している。今後もシステムの機能アップデートと人員体制強化の両軸から、EC/D2Cメーカーのシステム切り替え促進をサポートし、EC/D2C事業の成長に寄与していくとのこと。

「ecforce data transfer」でできること

システムを利用して、既存のECカートシステムにあるデータをecforceのデータ形式に自動で変換する。

移行可能なデータ

  • 顧客データ・商品情報などECカートシステムで扱うデータ全般
  • データの自動移行が可能なECカートシステム

対応可能なECカートシステムは、順次拡大予定となっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13016 2023/06/13 07:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング