SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

インテック、社内外のデータをつなぐ新サービス発表 受発注情報・配送情報・業務プロセス情報が連携可能に

 インテックは、産業界向けデータ連携基盤「APIプラットフォームサービス」の提供を開始すると発表した。これにより、受発注情報・配送情報・業務プロセス情報などのデータ連携が可能になる。

 同サービスは、APIによって社内外のサービスをつなぎ合わせて創出される、新たな経済圏「APIエコノミー」の実現を目的としている。安全なデータ連携のため、産業界標準に準拠した、高いセキュリティのAPIを公開する機能を提供する。

APIエコノミー
クリックすると拡大します

 日用品・食品などの情報を扱う企業と配送などを行う物流企業間がデータ連携すれば、商品のワンストップ配送や配送の最適化が可能になるなど、領域・分野が違う企業同士のシナジー効果が期待できるとのこと。

APIプラットフォームサービスの特長

EDI・EAI・API連携サービスメニューの提供

 顧客の状況や要望に応じて、API連携に関するノウハウをもとに、APIプラットフォームサービスの構築から運用・保守までを提供する。

「APIカタログ」と「ビジネスレシピAPI」の提供

 TISインテックグループが提供するソリューション群から、活用可能なソリューションを選定・整理し、「APIカタログ」として提供する。

 また、同グループが提供するサービスの各APIと、他のITサービスのAPIの組み合わせを「ビジネスレシピAPI」として提供。これにより、たとえば受領した請求書を電帳法対応したサービスに保存したり、請求金額を自動的に決済したりできるようになる。

APIエコノミーとレガシーEDI接続を支援するEDI-APIの提供(順次展開)

 インターネット経由で活用できるEDI-APIを提供する。これにより、自社はAPIを活用したデータ連携、取引先企業は従来のレガシーEDI接続のような、ハイブリッドなデータ連携が可能となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12643 2023/03/31 15:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング