SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

日本越境EC協会、設立パーティを開催 ナレッジセンターとして日本企業の海外進出・売上拡大支援へ

 一般社団法人 日本越境EC協会(JACCA)が、3月23日に設立パーティを開催。50名以上の参加者に向け、協会の成り立ちや組織、今後の活動の展望について発表を行った。

 JACCAは、越境ECのノウハウを持った企業や人の集合体を作り、越境ECのナレッジセンターになることを目的に2023年3月3日に発足。Maddler USA LLC. CEO/JECCICA シニアコンサルタントの恩蔵優氏が代表理事、NDCアジア株式会社 代表取締役の出口允博氏、JECCICA代表理事/フォースター株式会社 代表取締役の川連一豊氏が専務理事を務めている。

一般社団法人 日本越境EC協会 代表理事 恩蔵優氏

 恩蔵氏は、世界の国別EC市場規模ランキングで日本が4位に位置することに触れた上で越境EC市場について「まだまだ伸びしろがある」と言及。自身が手掛ける事業やJECCICAに寄せられる相談を踏まえた上で、同じ目的意識を持つ仲間が集い、学びや課題解決の議論ができる場が必要と考え、同協会を設立したと語った。

 このほかにも、出口氏、川連氏が現状の日本が抱える越境ECの課題や、同協会のメンバー構成、組織図、今後の活動方針について発表。Lingble Pte.Ltd CEO 原田真帆人氏や、株式会社4PX EXPRESS JAPAN 代表取締役 謝郁安氏、世界へボカン株式会社 代表取締役 徳田祐希氏なども講演を行い、情報交換と親睦が深められた。

 同協会発足に対する恩蔵氏のコメントは次のとおり。

「日本における越境ECは現在のところ、まだまだよちよち歩きのところがあります。

 グローバルでEコマースを見ると、2025年に約1000兆円の流通額が予測されていて、今後かなりの成長が期待できます。

 しかしながら、各国のVAT、税務体制や検疫、たとえばEUなどに見られる様々な規制、物流に関わる課題・問題など、日本の一企業単独で解決するには、なかなか立ち行かない現状があります。

 そこで、日本越境EC協会では長年越境ECに携わり、最新の越境ECのノウハウを持った企業や人の集合体を作り、越境ECのナレッジセンターになるため発足いたしました。

 あやふやだった越境ECのノウハウを使って、確立した仕組みで越境ECを行うことができれば、きっと日本企業のお役に立てると考えております。

 日本企業の越境ECの基礎固めからさらなる発展を目指し、メーカーや小売業界を守り、日本経済の発展にお役立ちできるように日本越境EC協会は活動していきます」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12612 2023/03/24 15:10

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング