SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

蔵元が集まる日本酒ECサイト「sakazuky STORE」、CS-Cartを採用し新規オープン

 スクナヒコが運営する日本酒ECサイト「sakazuky STORE」が、リソース・シェアリング提供のECサイト構築パッケージ「CS-Cart Multi-Vendor」を採用し、新規オープンした。

 sakazuky STOREでは、日本酒ソムリエや蔵人、料理人などの「sakazukyマイスター」が推薦する日本酒を購入することができる。販売される日本酒はスクナヒコが酒蔵と直接取引を行い、銘柄や種類ごとに最適な状態で蔵元から直送する。

クリックすると拡大します

 今回の新規オープンにあたっては、リソース・シェアリングが要求定義および要件定義のコンサルティングを実施。WordPrsssとCS-Cart Multi-Vendor、サーバーの設計と構築を担い、保守も行っていく。

 WordPressには、sakazukyマイスターが推薦する日本酒や蔵元を掲載。関連する蔵元についての情報や日本酒に対する蔵元からのコメントを表示し、商品の購入はCS-Cart Multi-Vendorで行う。そのため、WordPress側のsakazukyマイスターおよび蔵元の各ページには、CS-Cart Multi-Vendorにある商品情報を表示して購入までの導線を設けている。CS-Cart Multi-Vendor側も同様に、WordPressにあるsakazukyマイスターのコメントや蔵元の情報およびコメントが表示されるようカスタマイズしている。

 加えて、CS-Cart Multi-Vendorの「出品者」に各蔵元を割り当てることで、蔵元も商品購入や出品商品を専用の管理画面で管理できる。

クリックすると拡大します

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12345 2023/02/02 15:45

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング