SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

佐川急便、自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」で不定形貨物搬送オペレーションの自動化を開始

 LexxPlussと佐川急便は、SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」佐川急便中継センター3階でLexxPluss社の自動搬送ロボット「Hybrid-AMR」を2022年12月1日より12台導入し、これまで人手に依存していた不定形貨物搬送オペレーションの大規模な自動化をスタートした。

 今回導入したLexxPluss社が提供する「Hybrid-AMR」は、自動運転と同様に自律的に障害物を検知・迂回できるAMR技術(AMR:Autonomous Mobile Robot、自律走行搬送ロボット)と繰り返し精度と作業スピードを保証できるAGV技術(AGV:Automated Guided Vehicle、無人搬送車)を併用できる自動搬送ロボット。

Xフロンティア佐川急便中継センターで活躍するHybrid AMR
Xフロンティア佐川急便中継センターで活躍するHybrid AMR

 Xフロンティア佐川急便中継センターでは、Hybrid-AMRの基本機能に加え、搬送先の状況にあわせて規則正しく荷物を駐車する「自動整列駐車機能」や、空台車を回収する「空台車回収機能」などの最新機能を実装し、荷物や台車の滞留を軽減する方法で自動搬送システムを導入した。

 また、LexxPluss社の走行管理システム「Konnectt」は、日本語を母語としない作業員でも利用可能な言語非依存性のインターフェースや、50台以上のロボットを一括管理する機能を持ち合わせており、ロボットの運用になれていなくても、シンプルな作業のみで現場作業の大規模な自動化が可能になる。

 両社は、今後運用中のデータをクラウド上に蓄積・分析することで、さらなる搬送効率向上に向けて取り組んでいく考え。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12161 2022/12/13 05:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング