SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

店頭情報・検索エンジン・UGCが購買行動の重要な情報源に 約9割がUGCをチェック/Letro調査

 アライドアーキテクツでSaaS事業を展開するプロダクトカンパニーが提供する運用型UGCソリューション「Letro(レトロ)」は、生活者の購買行動におけるUGCの影響度を把握するためインターネットリサーチを実施した。

 同社が2022年9月に実施した「生活者のUGCに対する意識調査」によると、64.6%もの回答者が「UGCを信頼する」という結果になるなど、UGCが生活者の重要な判断材料になっていることがうかがえる。

 そこで今回、企業にとってより良いマーケティングの支援を行うために、生活者が購買行動においてUGCの影響をどのように受けているのかを把握するべく、「生活者の購買行動におけるUGC影響度調査 2022」を実施した。同調査結果の詳細は、次のとおり。

「店頭」「検索エンジン」「UGC」の3つが生活者の購買行動において重要な情報源に

新しい商品やサービス、お店・施設を知るきっかけ

 まず「新しい商品やサービス、お店・施設を知るきっかけ」について聞いたところ、「テレビCM・番組(56.8%)」、がもっとも多い回答数を集めた。インターネットの普及によりテレビの視聴時間は減少傾向にあるが、新しい商品を知るきっかけとしては未だテレビが多くの人のきっかけになっていることがわかる。また、若年層においては、ほかの世代に比べて「SNSやネット上に発信される一般人からのクチコミや情報」や「有名人インフルエンサー」がきっかけとなっており、SNSが身近にある世代ならではの結果となった。

商品・サービス購入前やお店・施設への来店前に情報を探す場所

 「購入・来店前に情報を探す場所」について聞いたところ、「検索エンジン(46.6%)」がトップとなり、「店頭(26.8%)」「テレビCM・番組(24.2%)」「SNSやネット上に発信される一般人からのクチコミや情報(20.6%)」「ブランドの公式サイト(20.4%)」が続く結果に。10~30代は「ブランド公式サイト」より「一般人のクチコミ」を利用している割合が高く、企業発信のコンテンツよりも、生活者発信のコンテンツを求めていることが判明した。

購入や来店の意思決定の際に、もっとも重要視する情報

 さらに、「購入や来店の意思決定の際に、もっとも重要視する情報」について聞いたところ、TOP3は「店頭(20.0%)」「検索エンジン(15.8%)」「SNSやネット上に発信される一般人からのクチコミや情報(10.2%)」の順となった。「店頭」「検索エンジン」「SNSやネット上に発信される一般人からのクチコミや情報」の3つは、「知るきっかけ」から「情報検索」、「意思決定」のすべてのフェーズにおいて多くの回答を集めており、生活者の購買行動において重要な情報源となっていることがわかる。

約9割が「ネット通販や定期通販」で商品を検討する際にUGCをチェック ネットショッピングの際はよりUGCを重要視

「ネット通販や定期通販」で商品を検討する際のUGCチェック状況

 「ネット通販や定期通販で商品を購入する」と回答した人に対して、「ネット通販や定期通販での購入検討時のUGCのチェック状況」を聞いたところ、全体の88.5%がUGCをチェックすることが明らかになった。同社が実施した「生活者のUGCに対する意識調査 2022」においては、全体の64.6%が「購買の際にUGCを信頼する」と回答をしていたが、「ネット通販や定期通販」にフォーカスするとそれを24ポイントも上回ることから、ネットショッピングの際はよりUGCが重要視されるといえる。

「小売店」で商品を検討する際のUGCチェック状況

 次に、「小売店で商品を購入する」と回答した人に対して、「小売店で商品を検討する際のUGCのチェック状況」を聞いたところ、店頭で商品を実際手に取って購買を検討するときでも7割がUGCをチェックすることが明らかに。この結果から、小売店はもちろん自社では小売販売をしないブランドでも、UGC施策に注力する必要がある。

「お店や施設」への来店を検討する際のUGCチェック状況

 さらに、「お店や施設に来店する」と回答した人に対して、「お店や施設への来店を検討する際のUGCのチェック状況」を聞いたところ、約7割がUGCをチェックしていることが判明。さらに、施設のカテゴリ別にみると傾向が大きく異なっていた。

 「飲食店(58.2%)」や「レジャー施設(53.5%)」では約半数がUGCをチェックすると回答しているが、日常的に利用される「スーパーマーケット(28.2%)」や「デパートなどの総合型施設(29.7%)」では3割を切る結果となっており、初めて行く施設や利用頻度が低い施設では特にUGCがチェックされていると考えられる。

UGCを探すタイミングは「広く情報収集をしている段階」「候補を絞る段階」

 「商品・サービスの購入や、お店・施設への来店の際にUGCをチェックする」と回答した人に対して、「UGCを探すタイミング」について聞いたところ、「購入や来店のために、広く情報収集をしている段階(56.4%)」「購入や来店の候補を絞る段階(54.7%)」でチェックされているという結果に。また、情報収集や検討のタイミングだけでなく、4人にひとりは購入を検討する直前にもUGCをチェックしていることから、企業はユーザーが商品を購入する場所にもUGCを置くことで離脱防止や購入の後押しができると考えられる。

商品購入時は、企業発信の情報よりも「商品を購入した方から発信される情報」が重要視される

 最後に、「商品を購入する際に重要視する情報」について聞いたところ、全世代共通して「商品を購入した方から発信される情報」が多い結果となった。この結果から、企業は商品購入した生活者の発信コンテンツ(=UGC)を上手く生成することで販促効果を高めることができることが推察される。

調査概要
  • 調査時期:2022年10月27日~11月7日
  • 調査方法:Fastask(ジャストシステム提供)によるオンラインアンケート調査
  • 調査対象:10~60代の男女
  • 調査対象数:1,083名
  • 調査主体:Letro

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12125 2022/12/09 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング