SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

Shopify事業者のブラックフライデー・サイバーマンデー流通総額、過去最高の75億ドル突破

 Shopifyは、11月25日から11月28日までのBFCM(ブラックフライデー・サイバーマンデー)期間中、Shopify事業者の売上高が世界規模で75億ドル(約1兆401億円)を突破したと発表した。これは、昨年の同時期における流通総額63億ドル(約8,733億円)より、19%増(固定為替レートベースでは21%)の過去最高額だ。

 アメリカの祝祭日である感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日で、クリスマス商戦の幕開けとして知られるブラックフライデー。さらにその週明けの月曜日であるサイバーマンデーも、オンライン上の大規模セールがスタートする日として定着している。どちらもアメリカ発祥だが、今では世界各国で、年末商戦に向けたセールキャンペーン期間として浸透してきた。日本もその例外ではなく、同時期にプロモーションを実施する販売業者が増加傾向だ。一部の販売業者では、12月初旬まで特別割引を実施しているケースもある。

 なお、Shopify事業者による、今年のBFCM期間の詳細は、次のとおり。

Shopifyを介した消費は世界的に拡大

  • 全世界でBFCM期間にShopifyで商品を購入した消費者:5,200万人(2021年から12%の増加)
  • 米東部標準時間12時01分に記録した1分間あたりの売上ピーク:350万米ドル
  • 売上上位5ヵ国:1位アメリカ、2位イギリス、3位カナダ、4位オーストラリア、5位ドイツ
  • 平均カート価格:全世界で102.10米ドル(固定為替レートベースでは104.80米ドル)
  • トップ商品カテゴリー:1位アパレル・アクセサリー、2位ヘルス&ビューティー、3位ホーム&ガーデン、4位フード&ビバレッジ、5位エレクトロニクス
  • 自国外からの注文の割合:2021年から15%増加

日本では店頭売上59%増 ECと店頭の両方で購入する傾向

  • 日本でBFCM期間にShopifyで商品を購入した消費者:2021年から20%増加
  • 販売ピーク時間:21時(日本標準時)
  • 売上上位の都市や地域:大阪府大阪市、神奈川県横浜市、東京都世田谷区、愛知県名古屋市、東京都港区
  • 平均カート価格:12,292.02円:カートの平均価格(2021年の11,152.3円から10%上昇)
  • トップ商品カテゴリー:1位アパレル・アクセサリー、2位ヘルス&ビューティー、3位フード&ビバレッジ、4位ホーム&ガーデン、5位メディア(DVDや書籍等)
  • 自国外(海外)からの注文の割合:2021年から8%増加
  • Shopifyマーチャントの店頭売上前年比増加率:59%

 日本の特徴は、POS(店頭売上)が前年比59%増となった点にある。これは、BFCMの期間中、セールやキャンペーン情報を見つけた消費者が、オンラインとオフラインの両方で買い物をするケースが増えていることを示す。

 また、今年10月に行われたShopifyの年次消費者調査によると、今年の日本の消費者は、買い物に使う金額に対して非常に敏感になっているという。調査対象者2,000名うち48%が「他社が同じ商品をより安く提示していれば、そちらに乗り換える」意向を示している。さらに、消費者の82%が、「より長く使えるものを買いたい」と答えており、今年のBFCMから来年にかけ、サステナビリティを重視した購買意識がうかがえた。

2022年10月に実施したShopifyによる年次消費者調査 調査概要

調査方法:オンライン上でのアンケート調査

調査地域:イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、オランダ、スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランド、日本、アメリカ、カナダ

調査対象:コンシューマー24,009名(このうち、日本のコンシューマーは2,000名)、企業9,012社(このうち、日本の企業は1,000社)

調査日時:2022年9月~2022年10月

調査企画:Sapio Research

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12097 2022/12/01 17:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング