SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

BEENOS、セーファーインターネット協会・EC事業者協議会に参画

 BEENOSは、より安全なインターネットビジネス環境の構築とユーザーへより安心なeコマースサービスの提供を目指し、セーファーインターネット協会(以下、SIA)、および同じくSIAが運営するEC事業者協議会にBEENOSグループとして参画したことを発表した。

 BEENOSグループは、越境ECサポートサービス「Buyee」を運営しており、世界と日本を双方向につなぐグローバルコマースを展開している。また、国内のブランド品やリユース商材をテクノロジーで国内外へ二次流通させるプラットフォーム事業である「ブランディア」、エンターテインメント産業のDXとグローバル化を支援する「Groobee」などを運営している。

 eコマースで取り扱われる商品やサービスの多様化、個人間取引や二次流通、海外取引の拡大など、その利便性はますます向上し、eコマースの市場規模も年々拡大を続けている。一方で、違法な物品・サービスの売買や不正利用による金銭トラブル、個人間取引での問題など、eコマースにまつわる課題も複雑化している。

 今回、セーファーインターネット協会、およびEC事業者協議会に参画することにより、同グループ単体で改善に取り組むだけでなく、インターネットビジネスに関わるステークホルダーとして加盟企業と連携して課題解決に協力し、今後ますます加速的に複雑化するインターネット環境に対応し、より安全なインターネットビジネス環境の構築、ユーザーへより安心なeコマースサービスの提供に取り組み、グローバルなプラットフォーマーとしての社会的責任を果たしていく考え。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11242 2022/04/06 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング