SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ブラックフライデー・サイバーマンデー、日本のShopifyマーチャントPOS売上が前年比198%成長

 Shopify Japanは、11月26日(金)から11月29日(月)に開催された「ブラックフライデー・サイバーマンデー(BFCM)」にて、全世界のShopifyマーチャント(事業者)の流通総額が63億ドル(約7,140億円)を達成したことを発表。これは、前年同シーズンの流通総額である約51億ドルより23%増、また2019年の同シーズンに比べ2倍以上の流通総額となり、過去最高額を記録した。

 なお、11月26日(金)に開催された「ブラックフライデー」では、全世界のShopifyマーチャント(事業者)の流通総額が前年比21%増の約29億ドル(約3,293億円)に達したことをすでに発表している。

2021年「ブラックフライデー・サイバーマンデー」:日本のデータ

  • 最も流通総額の多かった時間帯:11月26日(金)8:00 PM(JST)
  • 日本で売上の多かった地域順:世田谷区、横浜市、大阪市、名古屋市、港区(降順)
  • 日本のカート平均価格:11,152円 ※前年の平均11,090円から増加
  • 日本での取引のうち、81%はモバイル上(前年80%)、19%はパソコン上(前年20%)で行われた。
  • 人気商品カテゴリー順:アパレル&アクセサリー、ホーム&ガーデン、健康・美容グッズ、電化製品、食料品・飲料
  • 海外からの注文は日本の総注文数の7%
  • 国際間取引における人気商品カテゴリー順:アパレル&アクセサリー、ホーム&ガーデン、おもちゃ&ゲーム
  • 日本のマーチャントのPOS売上は、2020年の同シーズンと比べ198%成長。

2021年「ブラックフライデー・サイバーマンデー」:全世界のデータ

  • アパレル&アクセサリー分野において、全世界で売上が最も高かったのはドイツ、イタリア、日本。
  • SNS上での売上は、前年比で約3倍増加(オンラインストアとSNSを連携することによって、消費者は決済をSNS上で完結することができる)
  • 期間中、最高売上を記録したのはブラックフライデーの11月26日(金)の12:02PM(EST)で、1分間に約310万ドル(約3億5千万円)を記録。
  • 全世界で約4,700万人の消費者がShopifyのマーチャントから購入。
  • 世界のカート平均価格は100.70ドル(約11,416円)。国別ではカナダ(115.14カナダドル; 約10,242 円)、オーストラリア(158.80豪ドル; 約12,874円)、米国(96.60米ドル; 約10,953円)が上位を占めた。
  • 最も流通総額の高かった都市は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンで、国別ではアメリカ、イギリス、カナダが上位を占めた。 全体の取引のうち、71%はモバイル上(前年67%)で、29%はパソコン上(前年33%)で行われた。
  • 越境の注文は世界の総注文数の15%を占め、最も多かった国際間取引はアメリカ-カナダ間、カナダ-アメリカ間、イギリス-アメリカ間となっている。

 Shopify Japanの日本カントリー・マネージャーである太原真氏は次のように述べている。

「Shopifyが日本に拠点を開いて約4年が経過しましたが、年々BFCMは浸透しており、大きな盛り上がりを見せています。アパレル&アクセサリーの販売において、全世界で売上が最も高かった地域の一つとして日本がトップ3にランキングされていることは、日本の小売事業者の盛り上がりを示しており、非常に喜ばしく思います。

 また、11月に発表したBFCMおける日本の購買傾向に関するShopifyの独自調査では、BFCMで買い物する予定と回答した人の83%は『コロナが買い物の仕方に影響を与える』と感じているものの、コロナを理由に『店頭での買い物を避けたい』と回答した人は4分の1以下(22%)に留まりました。これは、今回のPOS売上高が前年同期比で198%増となったことからも裏付けされています。この消費行動の変化が小売業界のいち早い回復につながる兆しだと考えています」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10596 2021/12/02 13:30

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング