SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

目黒区商店街連合会とエバーコネクト、ブロックチェーン技術活用の商店街で使えるデジタル商品券を提供開始

 ブロックチェーン技術を活用した料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォーム「Gotch」を運営するエバーコネクトと目黒区商店街連合会は、地元商店街の店舗で利用できるデジタル共通商品券の提供を開始した。

 第1弾として11月6日に洗足で行われた「第11回 のんびりイベント散歩」の完歩賞として洗足駅の商店街で利用できるデジタル共通商品券を提供。

 同イベントでは、事前登録しクイズラリーに答えた参加者だけがデジタル商品券を取得できる仕組みを提供し、二重取得などの不正を防ぐことができる。

 参加者はスマートフォンアプリで有効化したデジタル商品券を、参加店舗での商品購入時に店舗のQRコードを読み取るだけで利用可能。非接触のため安心して利用することができる。

 さらに、主催者のデジタル商品券発行から参加店舗での消し込み処理まで、スマートフォンアプリだけで運用が完結できるという。

 第2弾として、学芸大学商店連合会の各商店街で利用できる歳末福引セール用の抽選機能付きデジタル福引商品券を提供する予定とのこと。

 デジタル商品券の発行と管理に料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォーム「Gotch」を利用することで、 主催者はリアルタイムで利用状況を把握できるだけではなく、日次レポートが自動で届くため、従来の紙で提供していた商品券と比べ、印刷や配布、集計作業などの運用面で業務負荷を軽減することができる。さらに運用を自動化することでオペレーションミスの軽減にもつながる。

 また、デジタル商品券の発行者と参加店舗では、特別な機材を用意する必要がなく各店舗にスマートフォン1台あればいつでも始められ、さらに参加店舗ではQRコードを掲示するだけでデジタル商品券の消し込みが完了するため、容易に運用ができる。

 今後、ギフト券・地域商品券発行プラットフォームのシステム環境をオープン化し、事業会社などへSaaSとして提供し、地域のDXを推進していく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10327 2021/11/09 12:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング