SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

編集部インタビュー

「海外で売れる日本商品」にも流行り廃りあり 海外ユーザーの販売代行FROM JAPANさんに聞く

海外のユーザーが日本のECサイトで購入する際の「販売代行」を11年手がけるFROM JAPAN。ネットショップ向けには「バナーをはるだけで海外販売」のサービスを3年前から展開、楽天市場、ヤフオク!、カラーミーショップなどと事業提携している。同社代表の久野さんに、越境ECの動向などを聞いてきた。

越境ECを気軽に始めるなら、バナーをはってみるという方法も

――海外のユーザーが購入する、日本の人気商品は何ですか?

 最近は、サブカル系のものや裏原系のファッション、釣り道具も人気です。浮世絵や扇子とか、いわゆる「日本ぽいもの」はそれほどでもないですね。当社の販売代行をご利用のショップのうち、多いところだと海外販売だけで200万円くらいの売上があります。

 このサービスを始めたのも、実際に海外に行って、日本商品の人気の高さを痛感したからです。その人気に反して、海外からは日本の商品を手に入れにくい。その問題が解決できるようなサービスがあればいいなと、FROM JAPANを始めました。

 以前はカメラや家電、車のパーツが人気で、個人・法人両方のユーザーから求められていました。日本国内でも流行り廃りがあるように、海外で人気のある日本の商品も変わります。「次はこれが売れる」というのがわかれば、僕も教えてほしいくらいです(笑)

――販売代行の仕組みは、どんなものですか?

 当社のサイト内で、ヤフオク!やAmazonなど、日本の代表的な5つのECサイトの商品を検索できるようになっています。そうしたサイトでは日本国内でしか購入できませんから、我々は指定された商品を海外のユーザーに代わって購入します。決済を見届けてからその商品を購入し、当社の倉庫に納品されると海外のユーザーに発送します。もちろん、私も知らないようなショップのURLを送ってきて、「これを買ってくれ」という海外のユーザーもいます。

 海外のユーザーがもっとも不安に思っていることは、荷物がきちんと届くかということです。当社ではきめ細かいサービスとこれまでの実績で、そういった不安を取り除いています。

株式会社FROM JAPAN 代表取締役 久野智弘さん

――「バナーをはるだけで海外販売」のサービスは?

 バナーをはると、海外のIPアドレスのアクセスがあった場合だけ表示されます。海外のユーザーは、欲しい商品のURLを当社の注文フォームから送ります。後は同様に、当社で代わりに購入し、海外発送するというものです。単純な仕組みですが、カラーミーショップ、楽天、ヤフオク!はじめ、現在、約200店舗の日本のネットショップにご利用いただいています。

 早くから利用されているのは、日本国内向けにネットショップをやっているんだけれども、海外のユーザーが探し当てて問い合わせをしてきて、でも自社では対応できない、というところです。海外販売をやりたいけれど言葉ができない、決済ができないといった理由でお困りなら、当社のような代行会社を入れていただくと、これまでどおりの運営をするだけで始めていただくことができます。

「バナーをはるだけで海外販売」サービスの詳細はFROM JAPANサイトにマンガがあるのでそちらをご覧ください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
越境ECでとくに注意したいのは、クレジットカード決済

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
編集部インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/922 2014/08/27 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング