記事種別

フィードバック分析のコツは時系列と分類分け 顧客の声を製品に活かすMOON-Xの秘策と新挑戦とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 2019年3月までFacebook Japanの代表取締役を務めた長谷川晋さんが、同年8月に創業したMOON-X株式会社。D2Cブランドとして、“共創”をキーにビールや化粧品などを開発・販売してきた同社がブランド作りに対して抱く想いや、共感を集める事業展開の方法を伝授します。第1回のテーマは、「フィードバックの集めかた」と「クラウドファンディングへの挑戦」について。クラフトビールブランド「CRAFT X」のブランドディレクター 松田さんが語ります。

 はじめまして、MOON-Xでクラフトビールブランド「CRAFT X」のブランドディレクターを務める松田周達と申します。当社のビジネスはいわゆる「D2C」という文脈で語られることが多いですが、まずはMOON-XのビジョンとCRAFT Xが「進化するクラフトビールブランド」として今後どのような価値をお客様に提供していきたいかを、直近の取り組みとともにお伝えしたいと思います。

“共創”で次世代JAPAN BRANDSの発射台に MOON-Xが抱く野望

 MOON-Xが掲げるビジョンは、次のとおりです。

作り手とお客様との“共創”を通じて、
次世代のJAPAN BRANDSの発射台となる。

 もっとも大切にしていることは、お客様のニーズに応える製品を届け、手にとっていただくこと。そして、その背景にある作り手の想いやストーリーに共感していただくこと。お客様のフィードバックを基に作り手やお客様・コミュニティと共創し、進化すること。さらには、こだわりの製品を手にした瞬間だけでなく、驚きや発見がずっと続くようなブランド体験を提供することでお客様のライフスタイルに「感動」を届ける――そんな次世代のブランド群を作っていきたいという想いから、現在は「CRAFT X」のほか、男性用スキンケアブランドの「SKIN X」、女性用スキンケアブランドの「BITOKA」を展開しています。

1年間で2回の商品アップデートも フィードバックを製品体験に反映

 MOON-Xはこれまで、10を超えるパートナー企業の皆様とさまざまな商品を共創しており、とくにビールでは常陸野ネストビール(木内酒造)や宮崎ひでじビールとともに、「お酒がもたらす歓び・愉しみをもっとカタチに」をテーマに、ファンコミュニティーの声を製品体験に反映し、進化していくビールを造っています。

 進化していくビールとは、具体的にどのようなものを指すのか説明したいと思います。たとえば、「クリスタルIPA(木内酒造)」では、2020年1月に「No.000」から「No.001」へアップデートした上で、同年8月には2度めの改良を行い、「No.002」の販売を開始しています。

 改良の際に役立てたお客様からのフィードバックの内容としては「もっとスッキリした味がいい」「フルーティさはそのままに、香りを強めてほしい」「別のデザインも見てみたい」など多岐にわたります。それらを踏まえて共創パートナーとともに既存商品を進化させると同時に、お客様のニーズにお応えした季節限定商品の「ヘイジームーンIPA(木内酒造)」や「日向夏セゾン(宮崎ひでじビール)」といった数種類の新ビールを、ブリュワリーと協力しながら1年足らずで販売してきました。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2019年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5