SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

共感を集めるブランド作りを考える

フィードバック分析のコツは時系列と分類分け 顧客の声を製品に活かすMOON-Xの秘策と新挑戦とは


 2019年3月までFacebook Japanの代表取締役を務めた長谷川晋さんが、同年8月に創業したMOON-X株式会社。D2Cブランドとして、“共創”をキーにビールや化粧品などを開発・販売してきた同社がブランド作りに対して抱く想いや、共感を集める事業展開の方法を伝授します。第1回のテーマは、「フィードバックの集めかた」と「クラウドファンディングへの挑戦」について。クラフトビールブランド「CRAFT X」のブランドディレクター 松田さんが語ります。

 はじめまして、MOON-Xでクラフトビールブランド「CRAFT X」のブランドディレクターを務める松田周達と申します。当社のビジネスはいわゆる「D2C」という文脈で語られることが多いですが、まずはMOON-XのビジョンとCRAFT Xが「進化するクラフトビールブランド」として今後どのような価値をお客様に提供していきたいかを、直近の取り組みとともにお伝えしたいと思います。

“共創”で次世代JAPAN BRANDSの発射台に MOON-Xが抱く野望

 MOON-Xが掲げるビジョンは、次のとおりです。

作り手とお客様との“共創”を通じて、
次世代のJAPAN BRANDSの発射台となる。

 もっとも大切にしていることは、お客様のニーズに応える製品を届け、手にとっていただくこと。そして、その背景にある作り手の想いやストーリーに共感していただくこと。お客様のフィードバックを基に作り手やお客様・コミュニティと共創し、進化すること。さらには、こだわりの製品を手にした瞬間だけでなく、驚きや発見がずっと続くようなブランド体験を提供することでお客様のライフスタイルに「感動」を届ける――そんな次世代のブランド群を作っていきたいという想いから、現在は「CRAFT X」のほか、男性用スキンケアブランドの「SKIN X」、女性用スキンケアブランドの「BITOKA」を展開しています。

1年間で2回の商品アップデートも フィードバックを製品体験に反映

 MOON-Xはこれまで、10を超えるパートナー企業の皆様とさまざまな商品を共創しており、とくにビールでは常陸野ネストビール(木内酒造)や宮崎ひでじビールとともに、「お酒がもたらす歓び・愉しみをもっとカタチに」をテーマに、ファンコミュニティーの声を製品体験に反映し、進化していくビールを造っています。

 進化していくビールとは、具体的にどのようなものを指すのか説明したいと思います。たとえば、「クリスタルIPA(木内酒造)」では、2020年1月に「No.000」から「No.001」へアップデートした上で、同年8月には2度めの改良を行い、「No.002」の販売を開始しています。

 改良の際に役立てたお客様からのフィードバックの内容としては「もっとスッキリした味がいい」「フルーティさはそのままに、香りを強めてほしい」「別のデザインも見てみたい」など多岐にわたります。それらを踏まえて共創パートナーとともに既存商品を進化させると同時に、お客様のニーズにお応えした季節限定商品の「ヘイジームーンIPA(木内酒造)」や「日向夏セゾン(宮崎ひでじビール)」といった数種類の新ビールを、ブリュワリーと協力しながら1年足らずで販売してきました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「現在/未来」と「質/量」は分けて考える MOON-Xのビジネス推進術とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
共感を集めるブランド作りを考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MOON-X株式会社 CRAFTX ブランドディレクター 松田 周達(マツダ シュウタツ)

慶応義塾大学卒業後、野村証券株式会社に入社。2016年にアメリカに渡り、カリフォルニア大学 ロサンゼルス校(UCLA)ExtensionでMarketing Certificateを取得。帰国後に株式会社トレタに入社し、プロジェクトマネージャーとしてサービス企画及び事業開発を担当する。2020年11...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9156 2021/06/01 18:03

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング