SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

共感を集めるブランド作りを考える

共創×デジタル活用でブランドビジネスは成長・進化できる MOON-Xの知見を活かした新事業とは

 2019年3月までFacebook Japanの代表取締役を務めた長谷川晋さんが、同年8月に創業したMOON-X株式会社。D2Cブランドとして、“共創”をキーにビールや化粧品などを開発・販売してきた同社がブランド作りに対して抱く想いや、共感を集める事業展開の方法を伝授します。第4回のテーマは、「共創型M&A」について、Co-founder/CEOの長谷川さんが語ります。

 当連載「共感を集めるブランド作りを考える」において、初めて登場させていただきますMOON-X 代表の長谷川晋です。これまで3回にわたり、当社のミッションや「CRAFTX」「SKIN X」といったブランド展開を通し、ブランド作りに対する想いや共感を集める事業展開の方法についてお話してまいりました。今回は、創業当時から生産者・お客様との共創で自社ブランドをローンチ・スケールしてきた実績、すなわちブランドの立ち上げ・PMF(Product Market Fit:製品の市場適合に向けた継続的な改善)・モールでの伸長・スケールといった、一気通貫した知見を活かして立ち上げる新たな事業について解説します。

共創を通じ、日本国内ブランドの魅力をより輝かせる

 MOON-Xが創立したのは、2019年夏。およそ半年後の2020年1月にクラフトビールの「CRAFTX」を発売しました。当時は新型コロナウイルス感染症が流行する直前で、表参道のカフェにて発売イベントの試飲会を開催し、2日半でおよそ600人のお客様が来場。しかしその後コロナ禍に突入し、私たちにとってこれまで当たり前であった生活が大きく変わり、お客様の購買・消費行動にも変化が訪れました。EC市場の伸長にもその動きは表れており、BtoC-ECの市場規模は20兆円に達する勢いです(経済産業省「令和2年度電子商取引に関する市場調査」より)。

 また、首相官邸は「デジタル社会の実現に向けた改革の基本方針の概要」にて、日本の重要課題のひとつとして「デジタルの活用により地方が独自の魅力を発揮すること」を掲げ、2021年9月1日にデジタル庁を発足しています。私はこの課題に対しても、ECが大きく貢献できると考えています。

 日本のEC市場は、中国やアメリカと比較するとまだまだ大きな成長の機会がある状況です。そして、日本の経済活動の大部分を占める中小企業の数は企業全体の99.7%を占めており、事業の再編・再構築を目指す企業間のM&Aも2021年上半期に過去最多の件数を記録しています(レコフM&Aデータベース調べ)。

 こうした状況と、当社がこれまで展開してきた「共創」をもとにしたブランド立ち上げ、企画・生産、ECモールでのビジネス構築、顧客対応まで包括したブランドの進化を照らし合わせ、私は「当社の知見を活かせば、日本・海外にあるより多くのブランドが成長・進化できるのではないか」と考えました。しかし、当社で展開したことがないカテゴリーのブランド・製品についても知見が活きるのかどうかは、未知数です。そこで検証のため、日本国内の魅力あるブランドや製品を持つD2C・ECブランドのブランディング・EC支援事業を開始することにしました。その名は、「MOON-X BRAND STUDIO」です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
自社ビジネスのノウハウは他カテゴリーにも活きる? ふたつのEC支援実践例を紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
共感を集めるブランド作りを考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MOON-X株式会社 Co-Founder/CEO 長谷川晋(ハセガワ シン)

2歳から9歳までアメリカ、シアトルで育つ。京都大学経済学部卒、体育会ハンドボール部主将。2000年に東京海上火災入社、法人営業担当。P&Gで10年間、Pampers・Gillette・Braun・SK-IIなどのマーケティングおよびマネジメントを統括。その後、楽天の上級執行役員としてグローバル17ヵ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9622 2021/09/30 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング