SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネット広告の費用対効果を最大化する “最強の売れるノウハウ”大公開!

CPAからLTVへ、レスポンスからCRMへ 加藤公一レオさんに聞く、勝ち組通販企業の最新動向


通販企業のネット広告コンサルティングで名高い、売れるネット広告社代表・加藤公一レオさん。日本の大手メーカー系通販企業のうち、約7割が同社のクライアントだという。勝ち組通販企業は今、何に取り組んでいるのだろうか。お話をうかがった。

勝ち組通販企業は今、何してる? 加藤公一レオさんに聞く

――御社のクライアントである、大手通販企業さんが最近取り組んでいるのは?

 大きく2つあります。まず1つはネット広告の効果に対する変化で、以前はレスポンス中心型でした。クリック率を上げる、CPA(顧客獲得単価)を下げるといった取り組みで、私も自分のことを『レスポンスの魔術師』なんて言っていました。それがだいぶ変わってきて、今の勝ち組はLTV至上主義になってきています。Life Time Value、私たちは顧客1人あたりの年間購入単価という意味で使っています。

 当社のクライアントは、ヤフーのバナー広告の約5分の1を埋めるくらい、めちゃめちゃ広告を投下しています。あまりにも投下しすぎたせいもあって、必然的にCPAは普通レベルなのですが、一方でLTVが通常の企業の3~4倍はあるんです。まずは無料サンプルを試して、次に本商品を購入、さらにリピートして、最終的にクロスセルしてもらう、という施策でLTVを最大化することに注力しています。

 LTVが高ければ、広告出稿に企業規模は関係ありません。中小でも、LTVが2万5,000円あれば、CPAが1万5,000円でも採算がとれるじゃないですか。ヤフーのブラパネ(ヤフーのトップページの枠。国内最大のネット広告枠)に出しても問題ないですよ。うちは中小だからヤフーに出せないという考えかたは間違っていて、まずLTVを最大化させて、そこから逆算して、採算とれる広告媒体がどれかを探すんです。

株式会社 売れるネット広告社 代表取締役社長 加藤公一レオさん

 もう1つはオフラインの施策。当社はネットでコンサルに入ったら、確実に費用対効果を上げます。でも、通販企業さんの媒体投下量もお客様への影響度も、オフラインが7~8割なんですよ。オフラインであるテレビインフォマーシャル、チラシ、新聞を上げていかないと、事業として大きくならないんですね。だから当社はネットのコンサルティング会社なのに、最終的にはオフラインの相談が来ます。

 そこでこの前リリースしたのが、『売れる TVCM クリエイティブテスター』『売れる 新聞・チラシ クリエイティブテスター』というツールです。ネットの良いところをオフラインに逆輸入して、オフラインの広告クリエイティブをネット上でA/Bテストしようというコンセプトです。やっとオフラインもA/Bテストできると、通販企業から問い合わせが殺到しましたし、ソーシャルメディアでもかなりバズりました。

 広告はもちろん、商品パッケージやネーミングのテストにも使っていただけます。フランチャイズからも、たくさん問い合わせが来ましたので、今後は通販企業だけでなく、すべての業界のクリエイティブにA/Bテストが行われていくのかなと。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
テクノロジーの活用はマーケティングノウハウあってこそ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネット広告の費用対効果を最大化する “最強の売れるノウハウ”大公開!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/913 2017/11/07 16:31

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング