SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2020 Summer レポート(PR)

柔軟なカスタマイズと多彩な表現でD2Cを加速 アドビがMagento Commerceで広げる可能性

3Dモデルの活用で商品画像のリッチ化と作成コスト削減が可能に

 ここで、森田氏からシニアマネージャーを務める原周一郎氏にマイクが引き継がれ、アドビの3Dマテリアル作成ソフトウェア「Substance」について説明が行われた。

アドビ株式会社 ソリューションコンサルティング本部 シニアマネージャー 原周一郎氏

 昨今、ECならびにD2Cの領域で3Dモデルを活用したいという引き合いが増えていると原氏は話す。

「3Dモデル自体は昔から存在していましたが、主に製造のプロセスでしか活用されていませんでした。今はテクノロジーが進化し、商品を3DやCGで表現してお客様に展開する流れが生まれています」(原氏)

 上記2枚の写真のうち、一方は実際にカメラを使って撮影した画像で、もう一方は3DとCGを使いデジタル加工した画像だ。一見して識別することが難しいほど3Dの技術は進化している。

 こうした3Dの技術はコマースの現場でどう活用されているのか。家具メーカーのIKEAは商品点数が非常に多いため、現在カタログやウェブサイトに掲載される商品画像のうち、約9割はデジタルコンテンツに置き換わっていると言う。デジタルコンテンツは複製しやすく、色や質感違いの商品バリエーションを容易に表現できるのが大きなメリットとなる。

 SubstanceはAdobe Creative Cloudを構成する製品群のひとつで、CADのデータから質感を書き出し、マテリアルを作成するためのツールだ。こうしたテクノロジーが登場する以前は、ひとつのプロダクトの商品画像を撮影するために大掛かりな機材やプロのカメラマンが集められ、膨大な時間や工数がかけられていた。Substanceを使えば、CADのデータから書き出した質感を3Dモデル作成ソフトに付与するだけで商品画像が完成し、スピーディーにマーケットへ展開することができる。

「撮影コストの削減や時間短縮はもちろん、商品画像をよりインタラクティブに表現できるのもSubstanceの魅力です」(原氏)

 柔軟なECプラットフォームのMagento Commerceと、スピーディーかつインタラクティブな商品画像の表現を可能にするSubstance。これらふたつを中心に、他のアドビの製品群と組み合わせることで企業はD2Cビジネスの4つのメリットを存分に享受することができるようになるというわけだ。

「アドビのソリューションはMagento Commerceだけでなく、Adobe PhotoshopやAdobe Illustrator、Adobe Analyticsなど多岐に渡ります。クリエイティブ作成からデジタルマーケティングまでEnd-to-Endでサポートできるのがアドビの強みです」(原氏)

関連レポートのダウンロードはこちら

デジタルコマース市場でアドビはリーダー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2020 Summer レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡辺 佳奈(ワタナベ カナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、現在はコーヒーショップで働く傍らライターとしても活動する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8088 2020/08/18 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング