記事種別

オムニチャネルはデフォルトで対応!メイクショップが発表した令和の新ECシステム「Axコマース」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/04/16 16:00

 カートASP「MakeShop」で知られるGMOメイクショップが、次世代コマースサービス「Axコマース」のリリースを発表した。国内には老舗ECシステムベンダーが軒を連ね、海外勢も積極的に日本市場に進出してきている。だが、このタイミングだからこそリリースできる、次世代のECシステムとのこと。事業責任者の山内学さんに話を聞いた。

メイクショップが令和時代の新ECシステム「Axコマース」リリース

――次世代コマース事業責任者としてGMOメイクショップにジョインされたということで、そこに至るまでの経緯をお聞かせください。

私のキャリアを申し上げますと、新卒でERP導入などを行うSIerに入社した後、アメリカ支社に転勤できるという理由で、サーバホスティング会社に転職しました。実際にアメリカに行ってみたら、たったひとりの上司が「日本に戻る」と言い出したので、私ひとりでアメリカ支社を担当することになったのですが(笑)。1年間アメリカで勤めた後に帰国し、起業する道を選びました。

検索エンジンの開発に携わったことからECビジネスとの接点が始まり、自ら手がけたサイト内検索とレコメンドエンジンは200を超えるECサイトに導入いただいた実績があります。それらのサービスを売却し、次は何をやろうかなと考えていたところ、GMOメイクショップの代表である向畑から声がかかりました。

向畑から受けた相談は「次世代コマース構想を一緒に考えてほしい」というものでした。MakeShopはカートASP業界において年間総流通額ナンバーワンの地位を誇りますが、「このまま、従来のやりかただけを続けていくつもりはない」との考えでした。従来のMakeShopのお客様とは別のレイヤー、オムニチャネルなどを前提とした大規模事業者に向けたサービスを展開することは決まっていました。声がかかった2018年6月から4ヵ月間はブレストを行っており、実際に「Axコマース」の開発を始めたのは10月からです。次世代コマースシステムということで、新元号に変わる2019年5月にリリースしたいとこだわりました。

GMOメイクショップ株式会社 次世代コマース事業責任者 山内学さん

――「Axコマース」について詳しく聴かせてください。

「Axコマース」にはふたつの趣旨があります。ひとつめは「プラットフォーム構想」です。当社では2018年、ECの運営代行を行う「フルアウトソーシング事業」を発表しましたが、外部パートナーとの連携も含め、コンサルティング、ブランディング、集客支援、サイト制作、越境EC支援など、ECシステムだけでなく、ワンストップでお客様のEC運営を支える体制を整えています。

もうひとつは「統合コマースソリューション」であるということです。根幹となるECシステムのほか、CRM(顧客管理)、CMS(コンテンツ管理)、BI(ビジネス・インテリジェンス)、MA(マーケティング・オートメーション)といった、現代のECの必須機能を当初から備えています。

――このタイミングだからこそのシステムと言えますね。

次世代コマース構想のブレストを行う際に、制限を設けることなく、「本来、コマースシステムとはこうあるべきだ」というところから議論を始めました。EC業務に必要な機能が当初から揃っているのはもちろんのこと、変化し続けるトレンドに対応するために、フロントの改修や機能追加はスピード感を持って柔軟に行えなくてはならない。

そこで、日本のECシステムとしては画期的な、クラウドネイティブ環境で、フロント、API(カスタム層)、管理機能の3階層(3Tier)に分ける仕組みにしました。ECサイトのフロント部分の改修を行ったり、他のサービスとAPIで接続したりといったことを行う際に、管理機能など他のTierに影響を与えることなく、容易に開発を行えます。

この仕組みをご評価いただき、サービス提供前ですが、すでにあるアパレル企業様にご採用いただき、サイト構築を進めています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2015年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5