記事種別

「めちゃコミ」運営会社はB2BでITシステム業も営んでいた!インフォコムの業績をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 電子コミックの「B2C」とITサービスの「B2B」の両輪ビジネスで業績を拡大しているインフォコム(4348)に注目してみた。

「めちゃコミック」運営会社は利益剰余金250億円のインフォコム

 インフォコムは、1983年に日商岩井コンピータシステムズとして発足。現社名に変更したのは2000年である。翌01年には帝人のITサービス子会社と合併。現在は帝人の子会社だ。帝人はレーヨンで出発した化学メーカー。航空機用途の炭素繊維や衣料製品、医薬品、医療機器などが主力製品である。

 インフォコムの業績は順調に推移。財務体質も健全である。設立からの利益の蓄積を示す「利益剰余金」を積み上げ、250億円規模まで拡大してきた。

 財務体質が良好なのは、毎期のように「経常利益」が「営業利益」を上回っていることでも明らか。本業による利益を示す営業利益に受取利息・配当金がオンされていることを示しているからだ。借入金もゼロである。 基本方針のひとつである「市場の変化や技術の進化へのスピーディな対応」を実現してきたためだろう。「自社保有のデータセンターによるサービス提供の中止」「ソーシャルゲームの自社開発終了」「アパレルeコマース子会社の清算」など、すべての事業が計画通りに進まなかった現実もあるが、それを乗り越えてきたということだ。

 インフォコムのB2Cビジネスの中心は、電子コミック配信サービス「めちゃコミック」の運営である。会員に電子コミックを配信し、購読料を得るユーザー課金が主な収益源だ。

 集英社や小学館、双葉社、日本文芸社といった出版社との協業で、独占先行配信作品を拡充していることが強み。電子書籍専用端末やアプリのインストールは不要。”検索・タップ”すれば、最新の人気コミックや定番コミックが”いつてでもどこでもすぐ読める”という手軽さも会員の増加につながっているのだろう。配信サービスの開始は2006年。18年7月には月間売上高が過去最高の20億円を突破した。

 スマホが主流になってくるなかで携帯向けの着信メロディから「めちゃコミック」などにシフト。音楽配信サービス「めちゃミュージック」や懸賞パズルサイト「めちゃキューブ」、食品eコマースの「オーガニックサイバーストア」、美容・ダイエット情報の「美女テク★ズルい美活塾」などを含めて、同社は「ネットビジネス」に分類している。

 そのネットビジネス事業の利益はグループ全体の半分を上回る。従事する従業員も少人数だ。同事業の高い収益性が、グループの屋台骨を支えているといっていいだろう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:EC関連企業の財務状況をきまぐれにチェック

もっと読む

2016年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5