記事種別

[韓国越境EC成功物語]手作りジュエリーで海外ユーザーに直接アプローチ「オッドブラン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/07/23 11:00

「国内で競合と戦うよりはハンドメイドのニーズが高い海外に」

 ここからは、オッドブランのジンCEOとの一問一答をお届けします。

――日本、中国、アメリカでもECを展開されていますが、韓国のほかにその3ヵ国でECを始めようと思ったのはなぜですか?

韓国でハンドメイド品の取引が活発になるまでは、大手ブランドのジュエリーや低価格のアクセサリーがほとんどでした。そのため、国内で競合と戦うよりはハンドメイドのニーズが高い海外に目を向けた方がよいのではないかと思い、アメリカの「Etsy」で販売を開始しました。商品のアップデートを行いながらノウハウを蓄積していったことで、徐々にユーザーから反応が来るようなりました。

その後、韓国でもハンドメイドのニーズが生まれたことを受け、自社ECを構築しました。また、海外からの反応を確認するため、ソウルの観光スポット「仁寺洞」に店舗もオープンしました。ECと実店舗の運営を行うことでユーザーの反応や意見を直接聞くことができ、とてもよかったと思います。帰国後に再度購入したいという海外ユーザーに対応するため、越境ECサイトを構築しました。

――日本で人気のある商品に特徴はありますか?

日本は猫への愛情が深く、猫の肉球を刻んだ商品が人気
日本は猫への愛情が深く、猫の肉球を刻んだ商品が人気

「Seal the moment(瞬間を封印する)」というブランドのコンセプトが、日本のユーザーに支持を得ていると思います。特に、アナログな感性を求めるユーザーへ「世界に一つだけ」というメッセージを発信しているカスタム商品が人気です。

実際、猫の肉球を刻んだブレスレットや、赤ちゃんの手形を刻んだネックレスなどが注文されています。また「我が子の足型シーリングワックスネックレス」を注文したユーザーからは、「素敵な思い出ができました」とのコメントもいただきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:韓国の越境ECは、なぜ日本の若者に響くのか?魅力を徹底解説

もっと読む

2017年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5