SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

サイト内検索エンジンのススメ

サイト内検索エンジンのススメ[2]ECサイトの改善は「PV向上」より「最適化」 サイト内検索で解決できる3つの課題


意外と知らない「サイト内検索エンジン」の詳細。マーケティングツールとして最大限活用するには? 今回のテーマは、サイト内検索がなぜ必要なのかについてです。

ECサイト改善は、単純な「向上」より「最適化」

 多くのECサイトでは、「直帰率」「ページビュー数(PV数)」「コンバージョン率(CV率)」「1回購入あたりの顧客単価」などを運営上の指標として設定しています。基本的な考え方としては、それら指標を改善していけば良いのですが、いくつかの落とし穴があるので注意が必要です。

 たとえば、「サイト全体のPV数やセッションあたりPV数は多ければ多い方がよい」や「顧客単価は高ければ高い方がよい」なども、一見もっともらしい指標のようですが、実は100%正しいとは言い切れないのです。

 こんなケースを想像してみてください。ユーザービリティが悪いサイトで、ユーザーが欲しい商品になかなかたどり着けず、サイト内を長い時間さまよう。品揃えが乏しいサイトや在庫情報の更新が遅いサイトで、ユーザーがサイト内を散々回遊した挙句に「欲しい商品がなかった」「在庫がなかった」となり、買わずにサイトを離脱する。

 このようなケースでは、結果的に無駄な「PV数」がカウントされてしまい、見た目の「サイト全体のPV数」や「セッションあたりPV数」が良いスコアになる可能性があります。

 「顧客単価」についても、「売上=購入人数×購入頻度×単価」の計算式で考えれば、疑いなく「高ければ高い方が良い」とは言えないでしょう。単価を上げることに注力しすぎて、対象顧客(購入人数×購入頻度)を選別する結果になり、売上が減少してしまうこともあるはずです。実際に、逆のケースとして送料無料になる金額ラインを4,000円から2,000円に下げた結果、顧客単価は30%下がったものの、購入頻度が上がって売上が1.5倍になったという事例もあります。

 サイト運営上の指標を単純に「向上させる」という側面だけではなく、サイトの特性や販売戦略、ユーザーの傾向などを踏まえた上で「最適化する」という観点がこれからは重要になってくるでしょう。

ECサイト上での「接客」の善し悪しが勝負を決める

 ECサイト運営の最適化の鍵は、サイト上での「接客」をいかに最適化していくかにあります。「サイト上での接客」と聞くと、少し違和感があるかもしれませんが、それほど難しい話ではありません。通常の店舗で当たり前のように行われている「接客」をECサイトでもやりましょう、ということです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
利益を出すために必要な「事業者視点」での接客

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
サイト内検索エンジンのススメ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ナビプラス株式会社 執行役員 セールス&マーケティング部 部長 高橋敏郎(タカハシ トシロウ)

大学卒業後、インターネット広告代理店にてIT関連メディアやリスティング広告、サイト構築の営業に従事。その後、人材紹介会社におけるインターネット関連企業の採用支援業務などを経て、2010年の会社設立とともにナビプラス株式会社に参画。現在は、大手EC事業者への営業のほかマーケティングやアライアンス関連業務などを...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/469 2014/10/27 17:29

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング