SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アパレルECの今を語る

かつてのカリスマ店員は今のインフルエンサー SHIBUYA109の「人」単位のECとオムニチャネル


 アパレルEC関連のさまざまなゲストをお招きし、メガネスーパーでECを統括する川添隆さんと対談していただくこのコーナー。第13回は、SHIBUYA109エンタテイメントの澤邊亮さんが登場です。渋谷のランドマーク的存在「SHIBUYA109」が、オムニチャネル時代に「ヤカタ」として行った公式サイトリニューアルの目的とは。

SHIBUYA109が公式サイトをリニューアル 澤邊さんと語る

SHIBUYA109エンタテイメント澤邊さん(左)とメガネスーパー川添さん(右)

川添(メガネスーパー) 改めて、澤邊さんのご経歴、現在の業務内容などを教えていただけますか?

澤邊(SHIBUYA109) 元々は東急系の企業で、駅の開発やたまプラーザテラスのリニューアルといったリアルの現場に、およそ8年いました。

キャリアの中で転機になったのが、2013年にSHIBUYA109公式通販の部署に異動になったことです。それまでECの知識はあまりなかったため、必死で勉強したのを覚えています。思えば、その頃から経営層がオムニチャネルを意識していたのか、ECと商業施設の相乗効果を図った全社のデジタル戦略を担う部署ができ、そこも兼務することになりました。

実は昨年まで当社では、SHIBUYA109、109MEN'S、SHIBUYA109公式通販の運営部が3つの部署に分かれていました。いわゆるリアルとネットという見えない壁があり、考えかたもまったく異なる組織だったのですが、この4月に三部署を統一しました。先行して昨年の10月には、SHIBUYA109、109MEN’Sなど8つの施設のサイトと2つの通販サイトを統合して、SHIBUYA109の公式サイトもリニューアルしました。

リニューアルしたSHIBUYA109公式サイト

川添 前職でお世話になっていたので今日は楽しみにしていましたが、貴社の中でのリアル店舗とECがひとつの部署で管轄されているんですね。やはり、いわゆる「109系」のレディースアパレルECを経験し、現在は客観的な立場から見ても、やはりSHIBUYA109は唯一無二の存在ですよね。ブランドやフロア指名の来店もあるし、好きなブランドがなくても、SHIBUYA109に行く、そして何かを購入するだけでなく、そこで感じ取ったトレンドを持ち帰るお客様が、いつの時代もいらっしゃるイメージがあります。「ヤカタ」としてのSHIBUYA109と、中に入っているブランドとの統一感、それぞれがお客様と独特の信頼関係を築いている。

私も年初セールの手伝いに来たことがあるのですが、大声で呼び込みをする各テナントの活気や、ライブ感というかお祭り騒ぎ感は忘れられません。福袋を買った後に、その場で知り合ったお客様同士がその場で物々交換するのも渋谷の風物詩。ブランドと、働いているスタッフと、楽しみにしているお客様がすべて一体となって作り出すエネルギーの塊、カルチャーは他にないですよね。

一般的なレディースアパレルブランドとの違いは、ブランドの成り立ちから来るのだと思います。アパレル企業が新たなブランドを作る際は、たとえば「この層をターゲットにして、カジュアルテイストの低価格ゾーンのブランドがうちにはないよね」といったふうに、自社のブランドポートフォリオや、出店するヤカタの要請に応じて立ち上げることが多いですよね。

しかし109系のブランドは、あるひとりのセンスや信念から立ち上げ、その人を信じてついてきた人がスタッフになることが多い。価格帯やデザイン性は違えど、ある意味、デザイナーズブランドと成り立ちが似ています。そのためブランドが発するメッセージも明確で、世界観もお客様に共感されやすい。109系のブランドは人が中心にあるんです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「やめる」ことも視野に入れ、検討した結果の継続とリニューアル

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アパレルECの今を語る連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ビジョナリーホールディングス(メガネスーパー) 取締役 CDO・CIO 川添 隆(カワゾエ タカシ)

千葉大学デザイン工学科卒。販売、営業アシスタントとしてサンエー・インターナショナルに従事後、ネットビジネスを志しクラウンジュエルでささげ業務から企画、PR、営業まで携わる。2010年にクレッジに転じ、EC事業の責任者としてEC事業を2年で2倍に拡大。その後2013年7月より現職。EC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括。EC事業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

渡邊 徹則(ワタナベ テツノリ)

株式会社Version7代表取締役。Web・コンテンツ制作、分析、マーケティングなどを手掛ける。 執筆業では、主にソーシャル、EC、海外サービス、メディアなどが専門。 会社概要 - seven@ver7.jp - Twitter/Facebook @brigate7

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4631 2017/06/06 17:24

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング