SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

『売れるECサイトのすごい仕掛け』出版記念トークセミナーレポート

EC事業者にこそFacebook広告がオススメな理由 ECのイロハ、西井さんに全部聞いてみよう


 ECzine編集部が2017年3月17日に出版した書籍『ECzine 売れるECサイトのすごい仕掛け』。この発売を記念し、渋谷の書店・BOOK LAB TOKYOにて開催されたトークイベントには、シンクロ 代表取締役 兼 オイシックス CMO 西井敏恭さんがゲストとして登壇。ECに悩みを抱える来場者の質問にすべて答えてくれた。中編となる今回は、Facebook広告やブランディングをテーマにお届けする。

スモールビジネスこそFacebook広告
まずは自ら使い倒してみるべし

トークセミナーレポート前編はこちら
売上アップ、新規獲得、コンテンツマーケ。ECのイロハ、西井さんに全部聞いてみよう

Q.スモールビジネスで費用をあまりかけられないのですが、ターゲット層に効率的にリーチできる方法はありますか。

FacebookやTwitterなどのSNS広告は、以前に比べてかなり良くなっていると思います。リスティングやアフィリエイトだけやっていて、それ以外の広告はビジネスにあわないといっていた企業であっても、SNS広告では順調に結果を出しているところは結構あります。

SNS広告のなかでも、Facebook広告はターゲティングの精度がかなり高いです。居住エリア、年齢、性別などの属性はもちろん、趣味趣向に関してもかなり細かく取れているので、出稿の際も明確にターゲティングできます。

さらに類似拡張という機能を使うと、自社サイトでコンバージョンしたユーザーや、過去に自社サイトでロイヤルユーザーになったユーザーに近いユーザーを自動的にターゲティングしてくれて、広告として本当に優秀だと思います。

ユーザー数が少ない、と感じる人も多いかもしれませんが、月間1億円ほど使ってもペイできている企業も知っていますので問題ないですし、ビジネスが小さくても、Facebook広告は少額から同じことが実施できますので、使いやすいと思います。

集客やターゲティングの精度を上げるには、いかに広告に詳しくなれるかがとても重要です。一時期バナー広告といえば純広告といわれる、大手メディアにバナー広告を貼るといった手法が大半でしたが、今はFacebook広告しかり、リスティング広告のネットワーク配信しかり、運用型といわれる広告に主軸が移っています。このあたりの知識に精通し、きちんとした運用できるようになれば、大きな効果が出ると思います。とくにスモールビジネスにおいては、私はSNS広告をオススメします。

株式会社シンクロ 代表取締役 兼 オイシックス株式会社 CMO 西井敏恭さん

Q.Facebook広告をうまく運用するには、具体的にどうしたらいいですか。

本を読むのもいいと思いますが、まずはご自身でFacebookを使い倒してみることも大事です。実際に投稿してみて、いいね!やコメントがつきやすいのはどんな内容の、どの時間帯のものかを見てみる。極端なたとえですが「ペットが亡くなってしまった」という投稿にいいね!は押しづらいですよね。逆に「結婚しました」なら、みんなこぞって押します。他にも、「これどう思いますか?」「困っているのですが、ご存じの方いますか?」など最後を疑問形で終わらせると、たくさんコメントがつくんですよね。

このロジックとFacebook広告のロジックは非常に似ています。つまり、見た人が思わずいいね!を押したくなるようなクリエイティブと文章を作ればいいのです。自社製品のことをいちばん理解しているのは、その会社の社員でしょう。それをFacebookでどう表現したら、たくさんいいね!を押してもらえるかを考える。まずは、自分が思わずいいね!を押してしまった投稿をメモしておくといったことから始めてみましょう。

Facebookは他の広告媒体同様、運用がうまくなるほど、コストをおさえて広告出稿できるようになります。私の経験では、運用者によってクリック単価がヒトケタ違ってくるなど、かなりの差が出てきます。何事においても、まずは自分がその媒体を使いこなすのが一番だと考えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ターゲティングがしやすく、コミュニケーションしやすいFacebook広告 SNS広告の上手な使いかた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
『売れるECサイトのすごい仕掛け』出版記念トークセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡邊 徹則(ワタナベ テツノリ)

株式会社Version7代表取締役。Web・コンテンツ制作、分析、マーケティングなどを手掛ける。 執筆業では、主にソーシャル、EC、海外サービス、メディアなどが専門。 会社概要 - seven@ver7.jp - Twitter/Facebook @brigate7

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4622 2021/09/13 14:33

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング