SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

編集部インタビュー

スーツをオーダーメイドできるオンラインテイラーサービス「LaFabrics」 老舗縫製工場のデータを用いたアルゴリズムで「サイズ問題」を解決


自分好みのスーツ・シャツをネット上でオーダーメイドできる「LaFabrics」。洋服のネットショッピングでもっとも困るのはサイズの問題といってもいいほどだが、それをアルゴリズムで解決したという。その裏には提携する、老舗縫製工場の膨大なデータがあった。

「ECはサイズ選びが困る」をデータで解決!

――サービス立ち上げの経緯を教えてください。

 「僕、背が185cmあって、細身で、腕が長いんです。自分に合うスーツには巡り会えないんだって、諦めていたんですよね。ところがある日、同じような体型の友人がとてもかっこよくスーツを着こなしていました。どこで買ったのか聞いたら、『オーダーメイドしたんだ』と。そこで自分でも試してみたら、すごく気に入ったんです。僕と同じような悩みを持っている人はたくさんいるはずだ、オンラインでスーツをオーダーメイドできるサービスがあったら人気が出るだろうと思ったのがきっかけです。

 競合調査をしてみたところ、海外にはいくつかあるんですが、国内ではそれほど見つからなかったので、1番をとれるだろうなと。今はメンズの紳士服だけですが、カジュアルやレディースにも展開していけたらおもしろいでしょうね」

森雄一郎さん
株式会社ライフスタイルデザイン CEO 代表取締役 森雄一郎さん

――アパレルECの難しいところは、サイズかなと思いますが。

 「それを解決するのに、『フィットアルゴリズム』があります。ECでのサイズ選びの難しさは課題だと考えていて、提携している縫製工場さんに相談したところ、これまでスーツをオーダーメイドした約12万件の体型データをお持ちでした。それを僕たちが分析して、身長・体重・年齢、そして体型に対する7つの質問に答えていただくことで、適したサイズを提案するという仕組みをつくったんです。もちろん、万人に当てはまるものではありませんが、基本的な体型はカバーしていますし、それぞれの部位はオプションで調整できます。僕のように腕が長ければ、そこを調整するといった使いかたができます。

 ただ、老舗なだけあって、かなり古い日本人体型のデータも含まれます。それをそのまま若者に提案すると、アームホールが大きかったり、ダボッとしてしまう部分もあります。フィットアルゴリズムはそのあたりも調整していますが、さらに精度を上げていくのがサービスの重要なミッションですね」

老舗工場と信頼関係を築き、「一緒にいいモノを作る」

――森さんのところはWebサービス、提携先として実際にスーツを作る縫製工場さんがある、ということですね?

 「サービスのアイディアを思いついた時に、国内の縫製工場さんのリストを作って、1ヵ所ずつテレアポしました。はじめは、インターネットはあんまり歓迎してらっしゃらないかな?と思ったんですけど、今では可能性を感じてくださってますね。毎日、電話でコミュニケーションをとってます。

 発注は郵送で受け付けているようなところで、最近ようやくメールをしてくださるようになりましたけど(笑)、縫製技術は国内トップレベルです。僕たちは完全にインターネット世代で、紙に落としこんで発注したり、商品管理することに慣れていない。そういう両社が協力しあうことで、お互い強みを活かせるだろうと考えています」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
モノが届いて感動し、身につけてまた感動するサービスに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
編集部インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/410 2015/10/28 16:50

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング