SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECトレンドレポート

単品通販企業が前月比2倍売上も! 今、台湾への越境EC参入を狙う7つの理由

 モールを中心にECコンサルを行ういつも.社が、その月のトレンドニュースをお届けします。今回は、台湾への越境ECがテーマです。

中国への越境ECは手間がかかる……なら、台湾はどうですか?

 2016年は、巨大な市場であることへの期待から、中国への越境EC参入が目立ちました。しかし、税制や物流モデルの不安定さ、販促コストの大きさなどの理由から、「中長期視点」で時間とコストをかけて開拓する市場であることがわかってきました。本格的に参入しようとする企業ほど、障壁が高いと感じるようです。

 そうした理由から、同じアジアでも、親日度の高さや市場の安定性から「台湾EC市場」を開拓する動きが活発になってきています。

 台湾には、大手コンビニのファミリーマートが3,000店舗、ユニクロも60店舗以上出店するなど、実店舗が先行しているイメージがあります。しかし、台湾の人口は2,300万人と、日本の5分の1程度ですが、2016年の台湾BtoCのEC市場は約2兆5,000億円(日本円換算)と、日本の4分の1。さらにEC成長率は15%程度です。ECの市場としては、日本より活気があると言っていいでしょう。

 そんな魅力的な台湾市場ですが、越境ECに取り組むとなると、やはり気になるのは「決済」と「物流」です。内訳を見ると、商品到着時に支払う「代引き」がおおよそ30%、コンビニの店頭で商品を引き取り時に支払う「コンビニ引き取り払い」が25%、コンビニで支払った後に自宅に配送される「コンビニ支払い後自宅配送」が25%、この3つでおおよそ8割を占めます。一方で、商品を受け取る前に支払う「クレジットカード支払い」は3%。世界一コンビニが密集している、台湾市場ならではの特徴と言えます。

 こうした台湾EC市場に、今、積極的に参入しているのが、日本の美容・健康食品系の企業です。台湾の薬事申請や商標登録をクリアし、自社ECサイトで、日本流の「単品型リピートモデル(定期購入モデル)」を展開しています。

 主な集客手段は「Facebook広告」です。台湾はモバイルEC比率が高く、Facebook利用率も人口の70%ほどです。日本より商品価格を10%以上高く設定したとしても、1件の獲得単価が日本の4分の1ほどのケースもあり、効率的に獲得できています。

 前月比2倍ペースで急速に売上を伸ばしている企業もあることから、単品通販で有名な企業を中心に、2017年も参入が続きそうです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
モールは「台湾Yahoo!」 日本の4分の1の売上も期待

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECトレンドレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社いつも.事業推進部 部長 兼 グローバルEC戦略担当 立川哲夫(タツカワ テツオ)

東証1部上場コンサルティング会社にて新規事業立ち上げ支援を多数経験後、株式会社いつも.にて自社+モール多店舗でEC事業で50億・100億突破の戦略立案を得意とし、オムニチャネルプロジェクトにも携わりながら、オムニチャネル先進事例を日本流に展開するために、シカゴ開催の世界最大のEコマースイベント:IRCEにも...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4007 2016/12/21 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング