記事種別

スマホシフトや分析ツールでモール内広告が変わった!勝敗を左右する運用のコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 モールを中心にECコンサルを行ういつも.社が、その月のトレンドニュースをお届けします。今回は、モール店舗やECサイト運営でかかせない、最新の広告トレンドを取り上げます。

外せないモール活用。おさえておきたい広告・分析ツール

 以前のコラムでもお伝えしましたが、国内ECの売上の上位300社のうち、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、DeNAショッピング、ポンパレモール、Qoo10といったモール系に1店舗でも出店している企業の割合は70%を超えてきています。

 アパレルに特化すれば、ZOZOTOWN、SHOPLISTの活用も加速しています。モールをどのように活用していくかは、今後、国内EC市場でシェアを獲得していくため、外せないテーマであると言えます。

 今回は、そのモールの中でも楽天・Amazon・ヤフーショッピングの3モールの直近半年のプロモーションメニュー動向や、新たに登場した分析ツールについてをお伝えします。

スマホシフトで、効果的な広告も変わった

 主要モールのスマホ経由の売上比率は、60%を超える状況になってきています。このことから、モール内の広告メニューは、モール内の検索画面に表示される「リスト型」にシフトしてきています。

 また、PCの広告メニューで多かったメール配信やバナー型広告は減り、広告をクリックしたときにキーワードに連動した費用が発生する「クリック課金型」や、広告経由で売上につながったときに費用が発生する「成果報酬型」が主流になってきています。

 楽天市場で言えば「CPC」、Amazonは「スポンサープロダクト」、Yahoo!ショッピングは「PRオプション」「ストアマッチ」広告であり、これらの広告を活用する企業が急増しています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECトレンドレポート

2014年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5